安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様の期待値と責任を負うのはダメなのか?

この記事は約 3 分で読めます。

高単価美容室ではお客様は癒されない?

なぜこのタイトルにしたかというと、講習でよく言われるからです。
『1万円位の金額だと、気兼ねなく頂けるんです』
『2〜3万くらいになると、気がひけるんですよね』

・・・・・?

逆に言うと
「私は1万円ぐらいだと、気持ちよくお客様に施術ができるけど高額になると金額を頂く、技術・接客・癒してあげられない』って言っているように感じるのは、私だけでしょうか?

皆さんはどう思いますか?

単価が高いからこその期待値と責任を負うのはダメなのか?

・値段が高いから良いわけでもありません。
・値段が安いから良いのではありません。
(低料金だから責任や期待値がないと言うわけではありません。私も10年以上¥3,000〜¥5,000くらいの美容室で働いていましたから、そんな気持ちでは働いていませんでしたから)

皆さん考えてみてください。

『1万円の時のプレッシャー』
『3万円の時のプレッシャー』
『10万円の時のプレッシャー』

皆さん同じに感じますか?
その高い金額を頂くために今なにをしないといけないのかが、より多くなりませんか?
今よりももっと技術や接客・掃除など全てを考えませんか?

単に、考えるのを諦めていませんか?

これもよく言われます。
『いやいや、自分はそんなに高い金額をもらえる技術はないよ』って・・・・

ではお客様にそのことを言えるのでしょうか?
『自分の技術は、この◯◯の金額だったら大丈夫だけど、高くなると出来ないんですよ』って
言っているようなものです。

金額だけで来店しているお客様ばっかりでしたら仕方ないのかもしれません。
しかし、全てのお客様がそうなんでしょうか?

お金を頂くと言う意味

人によっては

『1万円の価値』
『3万円の価値』
『10万円の価値』

お客様がみんな違う価値で良いと思います。

①何も気にせずに来店して頂いている人
②他を節約して来店して頂いている人
③アルバイトをしてでも来店して頂いている人

『大切なお金を払って頂いている』

私の美容室でも客単価3万円以上ですが、お客様が全て①の方ばっかりではありません。
逆に8〜9割の方が②③の方ばっかりです。

ですから、
お金に対する重みがあります。
学生の方もいらっしゃいます。
頂くお金の価値以上のものを提供したいと思い勉強しています。
よりお客様1人1人のことを考えています。

高い金額を頂くと言うのは、悪いわけではありません。
『その高い金額に見合うだけの、実感と価値を買って頂けるためにもどうしたら良いのかの努力をする』

ここに尽きるのではないでしょうか!

お客様は

『値段でお金は払ってません』

お客様は

『自分が良くなれる実感を、沸かしてくれるあなた自身の価値にお金を払っているんですよ』

何となくモヤっとしたと感じられたら良いですね・・・

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を創造』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

途中参加の方も多くいらっしゃいますので、お問合せください。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 今の美容師は『何故そんなに焦っているの?』

  2. 美容師基準

    サロン価格は自分で決めるもの

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その8

  4. 美容師基準

    自分の常識を疑う事から始めよう

  5. 便利屋になってしまった美容室

  6. お客様をコーディネート出来ない美容師達

  7. 今の思考が可能性を止めてる

  8. 美容師が提供できる唯一の価値とは?

  9. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

人気の記事 PICK UP

  1. 店販購入率100%になる理由を考える
  2. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達
  3. 技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?
  4. 第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』
  5. 価格競争を脱却

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP