安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

売れてる美容師に学ぶ価値づくりの一手

この記事は約 2 分で読めます。

売れてる美容師に学ぶ価値づくりの一手

新規リピート率    98%
店販購入率      100%
来店周期       39日
客単価        3万以上
お客様対応人数    10万人

私がなぜ美容師基準を立ち上げた理由は、『美容が大好き』なのであればもっとワクワクした仕事であってほしい。
ワクワク・楽しくなどは自分でどう考えるかによって変わると思っています。
自分の将来が10〜20年後が、楽しみであればより頑張れるのではないでしょうか?

なぜそんなに今の美容師は『焦っているの?』

それは、

「自分の未来を作る為」に必死に頑張っていますよね。

自ら立てた目標に対しての行動を明確にされているから、頑張っているのだと思います。
自分へのプレッシャーを与えることで、されなる高みに登っていける、プロの思考なんですね。

優先順位を明確に整理する

・まずは明確な目標を立てる事
・その目標を立てた理由は?
・そもそも、今の仕事をやっている目的は何なの?何のため?
・なぜ、今年はその目標なの?
・来年じゃダメ?

と、自分自身で立てた目標を逆算し、整理させる事が出来なければ行動に移しやすいのだと思います。

ぜひ紙に書き出してみて下さい。

紙に書き出すだけでも、ちゃんと考えないと書けないので、とにかく全てを書き出すことから、始めましょう。
その書き出したことを、
・現在
・中長期
・長期
みたいな感じで、振り分けると良いと思います。

ぜひお試しくださいね。

私が考えるお客様に対する10個の価値づくりの秘訣

1・いつも来るたびに髪が綺麗になる実感がお客様にある
2・髪を通じて元気をもらえる
3・仕事が楽しそう=趣味みたい
4・何故今まで髪が綺麗にならなかったのかをわかりやすい説明
5・時間を守る
6・お客様との約束を守る
7・仕事が早い
8・仕事が綺麗
9・お客様の期待値が高い
10・求められる美容師・美容室

次回からこの10個を一つ一つ解説していきますね。

それでまた・・・

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    誰もやらないのであれば自分で切り開けば良い

  2. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切

  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その6

  4. 美容室の価値創造とは何か?

  5. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  6. 本来の目的を見失う今の美容室

  7. 美容師基準

    自分の思い描くサロンに挑戦する

  8. 自分を信じる事が出来ない?

  9. 美容師基準

    今の美容の現実をコントロールするか、されるのか?

人気の記事 PICK UP

  1. 2019年度・第1回・本質と本物への気づき
  2. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  3. 期待値と責任を負うのはダメなのか?
  4. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  5. 何でも屋から卒業せよ

特集記事

PAGE TOP