安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

【いや&でも&だから】では何も変わらない

この記事は約 2 分で読めます。

【年末年始について考えてみた】

年末は今までの、数字に対する美容師と私の努力の結果発表みたいな感じです。
皆さんはどうですか?
忙しくなるのも年々遅くなっていますよね。
毎年『ちゃんと準備をしとけば良かった』『次回予約をちゃんとしとけば良かった』
と毎年思っているのではないでしょうか?
でも結果はどうでしょう?

美容師の【いや&でも&だから】は、私には通用しません。

なりたい物を、諦めるのも手に入れるのも美容師次第になってきます。

本気でお客様と向き合えば何でも出来る

私は100%美容師を応援する団長として、時には【もう諦めますか?・もう辞めますか?】って優しい言葉で激励をします。

うちのお客様にでも同じ事を言ってます。
本気でお客様と向き合ってるからこそ、本気でうちのサロンに来て頂いてるからこそですね。
12月今の所、客単価も¥35.000以上になってます。

本気でない人とは向き合えない

本気でないと、何人もの美容師をお断りしてる状態ですから、本気の美容師の方にシフトした方が、私も美容師の為にもなりますので・・
本気で嫌ごとも言いますし、嫌われる事を恐れてて何も言わず悪くなっていくのを見てるだけは嫌だからです。
お客様にも同じことが言えます。

私的には、【美容師のなぜ】を改善する為の投資と時間・勉強は当たり前で、美容師が本気なのでその結果をコミットさせる義務があるのです。

私もそうですが美容師も毎年毎年、景気や世の中が落ちて来るのがわかってるからこそ、ちゃんとした【準備】をし【改善】をするのが私の使命なのです。

自分の心に正直に向き合えば
【これをやりたい】
と言うものが絶対に見つかる

そう思うこの頃です。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. こだわりは誰の為なのか?

  2. 払った額相応の価値を感じられてる?

  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その5

  4. お客様を魅了できるのは貴方しかいない

  5. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  6. 美容師基準

    お客様の来店は感情に左右される

  7. 自分の仕事に誇りを取り戻せ

  8. 美容師基準

    美容のこれからの時代必要なキーワードとは?

  9. 自分に正直になれる美容室をやればいい

人気の記事 PICK UP

  1. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?
  2. 美容室の価値創造とは何か?
  3. 第3回目美容師基準『次回予約100%』
  4. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?
  5. 今の美容室はレッドオーシャン

特集記事

PAGE TOP