安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

第3回目美容師基準『次回予約100%』

今回は下関の和花(Ohana)代表の直田先生に講師をして頂きました。
先生は客単価も¥ 18,000以上でされておられます。
↓   ↓  ↓  ↓  ↓

直田先生のお店です。ぜひご覧下さい。

リピート率も98%!

初級コースのトリートメント講習

講習の皆さんも、少し頭の中がフリーズしかけてましたね。
でもですね、同じことを何回も聞いて体感することで、頭にも入ってきやすくなるんです。
何度もなんども繰り返さないといけませんね。

薬剤のプロで、お店自体の客単価も¥15〜6000以上はあるにも関わらず、毎年10%以上伸びている美容室のオーナーさんです。

基本が大事

『ファーストトリートメント』という、最初にお客様にして頂くトリートメントになります。

でも基本はシャンプーの仕方から、しっかりと教えていきます。
私の美容室でもシャンプーだけでも¥7,000〜¥10,000頂いております。

シャンプーはやる人によって仕上がりに大きく左右され、トリートメントなどにもかなり違いが出ます。
ですからまたもやシャンプーのやり方からです・・・

皆さん真剣でしょ。
『何かを感じ取りたい』
『絶程にモノにしてやろう』って感じながらやってました・・・

20分ほどのトリートメントでしたが数種類ほど使いました。

結構柔らかさと、ツヤが出るようになりましたね。
大体¥8,000〜¥15,000は頂けるのではないでしょうか?

物を売るのではなく事を売れ

ただ薬剤を知るのではなく、

『どう1人1人のお客様の髪質に合わせられるのか?』

『なぜ、そのお客様に今必要なのか?』

をしっかりと、小学生にでもわかるくらいの説明をして、

『伝えるだけでなく伝わるようにどうするのか?』

魅せ方もとても重要になってきますね。

『良いモノは良い』だけではダメな時代だと知って理解することから始めないとですね。

上級者コース第2回目次回予約100%講習

上級者は、ある程度技術だけではダメですので、思考の変化を求められます。
客単価2〜3万円になってもらいますから・・・
美容師さんは、頑張っているにもかかわらずお金をお客様から頂く時になると何かためらいますよね・・・
何十年もやっていますから、今までの思考が行動にも反映されてしまいますから勿体無いですよね。

次回予約を取る為に割引をする美容室も多いいのではないでしょうか?

今来て頂いているお客様が何を目的で来られているのかを知ることがとても重要になります。
私たち美容師やお店がやりたいことと、お客様の求めれれている事がずれていてはダメだからです。

『ここの美容室でなくちゃ嫌だから、次回予約が取れなくなるの嫌だから、予約入れて帰ります』って言われると嬉しいですよね。

『金額の割引では他の美容室と同じ』だということを知っておくべき

この部分はとても重要になってきますね。
皆さんも考えてみてはどうでしょう?

『お客様が通われている理由?』
『お客様にとって、ここの美容室でなくちゃダメな理由?』

皆さんはわかりますか?

初級・上級の全部で6時間でしたが、受講者の皆さん目が変わっていましたね。
明日からが、かなり楽しみです。

最近は、大阪・京都・北海道・東京など全国からお問い合わせを頂いております。

スケジュールを調整しておりますので、しばしお待ちください。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 【いや&でも&だから】では何も変わらない

  2. 私からのラブレター

  3. 技術満足は自己満足でしかない⁉️

  4. 払った額相応の価値を感じられてる?

  5. 自分に正直になれる美容室をやればいい

  6. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  7. 第8回目『お客様から絶対選ばれる美容室作り』

  8. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  9. 美容師基準

    割引に頼ることなく、技術を買っていただくための自信がつきました。

人気の記事 PICK UP

  1. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習
  2. 美容師基準 自分の常識を疑う事から始めよう
  3. 美容師基準8回目講習『髪質改善カラー』
  4. お客様を魅了できるのは貴方しかいない
  5. 価格競争を脱却

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP