安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

第8回目『お客様から絶対選ばれる美容室作り』

この記事は約 2 分で読めます。

上級者・お客様から絶対選ばれる美容室作り

 

今の美容はなんども言いますが、どこにでも美容室があり&新規で美容室ができてもお客様は何の意識もしてくれません。

またどこでも同じ様に施術をしますから、差別化は難しくなります。

ですので

『差別化』→『独自化』

になっていかないと生き残らなくなります。

他の美容室がライバル(競い合うの)ではなく、

『お客様と自分がライバル』にならないといけないのです。

昨日の自分を越えるために
お客様の前回の施術よりも、より進化し実感して期待を超えられるために

思考と行動

また、スタッフもよりお客様に寄り添う思考と行動が必要になって来ます。

自分がお客様から見て

『必要な美容室』

『必要な人』

になってるのかどうかを知らないまま、経営&営業をしていっても意味がなくなります。

 

『お客様から常に選ばれ続けられるかどうか?』

そもそも、お客様は私たち美容室に興味がありません。

ですので、いくら

技術がうまい

施客がいい

商品がいい

知識がある

などと言っても

お客様は素人ですからわかりません。

むしろ、『美容師』さんは

知ってて当たり前
できて当たり前と思って来られています。

ですので、売れてる美容師は意識が高いのはその為なのです。

 

『何の為に美容師になり』

『何の為に営業しているのか?』

『誰のための勉強と努力なのか?』

その目的が自分の自己満足なのか?

その目的がお客様のためなのか?

この目的の違いによって、大きく運営が違ってくると思います。

 

 

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのですか?

  2. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習

  3. なぜ美容室の価格は下がり続けたのか?

  4. 期待値と責任を負うのはダメなのか?

  5. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その3

  6. 2019年度・第1回・本質と本物への気づき

  7. 高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?

  8. 『時間=クオリティー』の追求

  9. 美容室はなんでも屋ではダメ

人気の記事 PICK UP

  1. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達
  2. 高単価美容室の共通点とは?
  3. 最高なパートナーと仕事ができていない美容室
  4. 【いや&でも&だから】では何も変わらない…
  5. 今の思考が可能性を止めてる

特集記事

PAGE TOP