安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

新しい商材が出ないと本当に売上げが上がらないのだろうか?

美容師基準

この記事は約 2 分で読めます。

現場の美容師さんが気づく事が売り上げアップに

私も美容師をして20年以上やってますが、この業界の美容はメーカーの新商品が出ないと売り上げが上がらいと思ってますよね
いつも皆さんも言ってますよね
『今回◯◯が良くなって、髪にも良くなりましたから・・・今までは¥10000→¥12000になります』
みたいな事

今来て頂いているお客様の何%の方が、その新商品を待ち望んでたのかを聞いた事はありますか?
今来て頂いているお客様が何に悩んでるか聞いたり、アンケートなどを取っていますか?
本当にお客様が求めている物との、ギャップがだんだん大きくなると失客につながります

メーカーという他人の力によって経営が安定するのか?

私も色々なメーカの講習をさせて頂く事がありますが、良くわかった事があります
『結局は美容師さんが、今までの当たり前の思考や習慣を変えないとダメだと』
講師を任されると私の場合、メーカーの商材も確かに受講者さんに使って頂かないといけませんが、1番は
『そのサロンの売り上げを絶対に上げたい』と熱が入った講習になってしまいます
又、最近のメーカーさんの中でもサロンの為にと頑張っておられる所もあります・・・が
何回も言いますが
『結局は美容師さんが、今までの当たり前の思考や習慣を変えないとダメだと』

今の現状(売り上げ)は自分が招いた物

『誰かにしなさい』
『こっちの方が良いよ』
『そっちはやめた方が良いよ』
って言われてませんよね
結局、自分が考えて行動しやり続けて、良いも悪いもデーター化し同じ事を繰り返さなくなるようにする
これしかないと思うんですよね
だから講習をさせてもらう時に良く言いますが

『やるかやらないかはあなた次第』だと・・・

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を創造』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

遠方(九州全域・大阪・静岡)など、途中参加の方も多くいらっしゃいますので、お問合せください。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  2. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのですか?

  3. 私の経営方法は変わっている?

  4. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り

  5. 今の美容師が目指すべきブランドとは?

  6. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

  7. 美容師基準

    何を想い経営をしていくのか?

  8. お客様のモチベーションとは?

  9. お客様にとっての期待値の差とは?

人気の記事 PICK UP

  1. 片思いで上手くいかない今の美容室
  2. 今時の美容師のメンタルの弱さ
  3. お客様の期待値と責任を負うのはダメなのか?
  4. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』…
  5. 目標と目的の優先順位が逆な今の美容室

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP