安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

何を想い経営をしていくのか?

美容師基準

この記事は約 2 分で読めます。

美容室が目指す所は自分の思いで決まる

高価格メニューになったことで、来店されなくなるお客様もいると思います
そのお客様の中には、仲も良くて、話も合って、ずっと通って欲しいと思えるお客様もいることでしょう
しかし、お店の売上を増加させ、継続させることで、雇用を継続させることが出来ます
それは、サロンにとっても、オーナーにとっても、スタッフにとっても、もっとも重要なことではないでしょうか?

本当に美容室の価格だけの差だけなのか?

『お客様は安くないと来てくれない!喜んでくれない!』という思い込みが、世の中には広がっているように思えます
確かに、他所より安いと得した気持ちになったり、高いと損した気持ちになることもあります
しかし、安いメニューが無くなったとしても、継続的に来てくれるお客様はいらっしゃいます
質の高いサービス受け、今まで以上に喜んで頂けるお客様もいらしゃいます
サロンのブランド力が上がり、このサロンに来てるという優越感を持ってくれる方も多くいらっしゃいます

この差はいったい何なのかを徹底的に考えないといけない

要はお客様が価格に対しての価値があるかどうかで、お店を選んでいると言う事だと知る事なんです

価値がなければ高く感じるし、不満も感じます
価値がなければ満足もしないし、もう来ないと思います

究極は低価格を廃止する理由

低価格メニューの廃止は、効果的且つブランド力の向上を考えた上で、サロンの未来を見据えて
「何を想い運営して」
「何をお客様に伝えたいのか」
「お客様にとって必要なサロンとは?」

を考えて、伝わりやすく・見やすく・感じやすくする事を常に考えないといけないのではないでしょうか?

良い技術・良いサービス・お客様にとって必要な美容師さんなんですから、高くても良いんです
高くても満足して通って頂けるのですから
お客様が前回よりも今回
お客様が今回よりも次回に期待してワクワクしてご来店して頂ける為の努力の仕方が、ほんの少し違うだけだと思いますね

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  2. お客様が望んでいる価値を知る2つの方法

  3. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  4. 人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

  5. 美容師基準

    2極化するサロン

  6. 売上げ・客単価はお客様の信頼度のバローメーター

  7. 今の思考が可能性を止めてる

  8. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  9. 固定概念が足踏みをさせてしまう

人気の記事 PICK UP

  1. 期待値と責任を負うのはダメなのか?
  2. 【いや&でも&だから】では何も変わらない…
  3. 常識に囚われた私達
  4. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』…
  5. 『ただ独立したかった』??

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP