安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

周りの美容師が売上を落として行く中で、私は3年連続で売り上げは伸び続けています!!

美容師の常識

この記事は約 1 分で読めます。

美容師の当たり前を変えられたと実感しています!

美容師と聞くと、長時間労働、低い生産性、休みの無さ、普通だと思っていたこんな美容室業界の当たり前。このままでいいのだろうか?と正直将来の不安を感じていました。

「美容師基準」との出会いはとても大きなもので、今まで感じていた不安は無くなり、美容師としてのあり方を変えることができました!

自由なはずの美容師が、知らないうちに自分で勝手な常識をに作っていたのですね!

従来簿美容師のように常識にとらわれないことにより、お客様が求めるものを感じ、僕らがやるべき事が解り、生産性の向上は勿論、集客、メニューのあり方全てが変わりました!

その結果、美容師としての「新しい価値」の創造が出来ています!お陰様で生産性は上がり、毎年業績は10%以上アップ、店販売上は30%以上を実現しています!

HAIR STUDIO LIGHT 古賀義典

たくさんの美容師の声が届いています


記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 顧客が望んでいる価値とは?

  2. 高単価美容室ではお客様は癒されない?

  3. 美容師基準

    なぜお客様がリピートしてくれないのか?

  4. 美容師基準

    割引に頼ることなく、技術を買っていただくための自信がつきました。

  5. 今時の美容師のメンタルの弱さ

  6. お客様にとっての期待値の差とは?

  7. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2

  8. 美容師基準8回目講習『髪質改善カラー』

  9. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?

人気の記事 PICK UP

  1. 美容師基準 今の美容室は集客ばかりを考えすぎている
  2. 美容師基準 自分の常識を疑う事から始めよう
  3. 美容師基準 美容師基準がなぜ必要なのか?
  4. 完璧な人なんていない
  5. お客様のモチベーションとは?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP