安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?

技術満足は自己満足でしかない事に気づいていない

わかりやすく言うと、私の美容室の近くにもありますが、窓越しにコンテストのトロフィーがずらっと飾ってある美容室。
流行ってますか?
流行っいない方が圧倒的ではないでしょうか?

コンテストが、悪いわけではありません。
自分のスタイルの幅も広がりますし、審査員の人の好みに近づける技術、自分にも自信もつきます。
だから良いとは思います。

お客様は何が欲しいのかを知っていないから売れない

お客様は、あなたの技術が欲しいわけではないんです。
中にはいるかも知れませんが・・・・

自分が考える美容室は、あなたの美容室に行く事によって得られそこに行けばどんなワクワクする体験ができる期待感。
美容室に行った後には、素敵な生活スタイルが手に入られることが想像できる期待感。

あなたの美容室の価値を体験させられる、美容室ではないといけないと思います。
『期待される美容室=ワクワクできる美容室』に・・・

お客様から選ばれる美容室にする

『流行っている美容室』って活気があり、イキイキしていますよね。
景気が悪くなってる感じはしませんよね・・・

私もよく思いますが、どんな時代でも服も着ますし、食事をしますし、髪も切ります。

だから、お客様から選ばれなくてはダメなんです。

技術セミナーで技術だけを取り入れた事への満足

この繰り返しを何年してるのでしょうか?
講師の人たちにも問題があるのかも知れませんが、
『技術を見せるだけでなく、目指してもらう人として』何を感じてもらいたいのかを・・・

私はいつも講習をするときに、受講者の皆さんに必ず心がけている事があります。

お客様の来店した時・来店後のワクワク感のある『未来』を少しでも感じてもらえる様にと・・・

それを提供するのは、美容師・私達なんです。

『ワクワクして』
『未来を感じてもらい』
『無くてはならない美容室』

になりませんか?

それではまた・・・

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 「高価格にしたらお客様が来るか心配・・・」と不安になっているあなたへ

  2. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  3. お客様から選ばれる『お店・人』

  4. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  5. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?

  6. 今の思考が可能性を止めてる

  7. 美容師基準

    低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?

  8. 固定概念が足踏みをさせてしまう

人気の記事 PICK UP

  1. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  2. 技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?
  3. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?…
  4. こだわりは誰の為なのか?
  5. 美容師基準 お客様と両思いのお店は流行ってる

特集記事

PAGE TOP