安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

この記事は約 3 分で読めます。

前回の記事の続きですが
『再来する理由』です。

『どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?』

明確にこのお客様に対するスタンスを明確に決めないといけません。
私の美容室では
再来率98%
来店周期41日
客単価3万以上
店販購入率100%

ですけど、みなさんの美容室とやってることは変わらないんです。
でも何でこんなにも、違うかわかりますか?

『1人のお客様のための美容室を作る』

たったこれだけなんです。

その1人のお客様と同じ、
『悩みや・ダメージのある方・抜け毛・白髪』
の方達だけを集客をしているからなのです。

1人のお客様のための美容室を作る最大のメリット

1・自分の強みが明確になる
2・お客様の求められている勉強ができる
3・その勉強したことがお客様が求めている事なので、受け入れてもらえる
4・そのお客様のための、ホームケアを揃えることができる
5・余計な物は置かなくてもよくなる
6・お客様にとって必要な美容室のポジショニングになる
7・次回予約のオススメの考えではなく、『ずっとお客様を守るため』の必然の考え
8・お客様にとっての美容室の優先順位が上になる
9・2人3脚でお客様もご自宅で頑張ってお手入れをしてもらえる
10・仕事にやりがいが出る

など沢山あります。

今の美容室のお客様とのスタンスでは絶対にうまくいかない理由

1・自分の強みが明確になる→何が得意なのかが明確でないので自信がない

2・お客様の求められている勉強ができる→求められているかわからないけど、とにかく勉強をする

3・その勉強したことがお客様が求めている事なので、受け入れてもらえる→せっかく勉強したのに受け入れてもらえない『必要でなかった』

4・そのお客様のための、ホームケアを揃えることができる→今流行りのものからいろいろなものを取り揃える

5・余計な物は置かなくてもよくなる→何が必要なのかがわからないがとにかく沢山置いてどれか買うだろ『無駄な在庫が多い』

6・お客様にとって必要な美容室のポジショニングになる→どこにでもある美容室なのでここでなくても良い

7・次回予約のオススメの考えではなく、『ずっとお客様を守るため』の必然の考え→だだ『また来てもらいたい』という単純な理由

8・お客様にとっての美容室の優先順位が上になる→美容室はいつでもいけて、どこでも施術をしてもらえるから『今じゃあなくていい』

9・2人3脚でお客様もご自宅で頑張ってお手入れをしてもらえる→次回来店した時にいつも同じ状態で戻って来てしまう『髪の状態が悪くなってる』

10・仕事にやりがいが出る→『また私いつ来たらいい?』『次回が楽しみ』って言ってもらえない。普通の『ありがとう』

どうですか皆さん。
何個か当てはまりましたか?

私が思うに
『お客様にとって必要な美容室になる為には何が必要なのか?』
沢山の方にターゲットをするのではなく、一生通いたくなる美容室を作る為に
『たった1人』で良いんです。
その『たった1人』のお客様が『一生通いたい』と思わないのに、沢山のお客様を入れてもうまくいかないのはその為です。

ぜひコメントでも頂けたらと思います。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    良いものだから売れる時代ではない

  2. 美容師基準

    自分の常識を疑う事から始めよう

  3. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

  4. 今の美容師は『何故そんなに焦っているの?』

  5. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9

  6. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その3

  7. お客様が実感がないから再来するはずがない

  8. お客様にとっての期待値の差とは?

  9. 美容師のメンタルブロック解除??

人気の記事 PICK UP

  1. 価格競争を脱却
  2. お客様から必要とされる美容室とは何か?byムコタ
  3. お客様が虜になる美容室経営?
  4. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  5. こだわりは誰の為なのか?

特集記事

PAGE TOP