安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない

この記事は約 2 分で読めます。

お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない

皆さんもこのタイトルの意味はよくわかると思いますが、1番大事なことがあります。
それは
・『お店がどんな思いでやっているのかの、お客様への恋文』がない
・『周りのお店と同じに見えてしまう』

ご来店をする前には、お客様は必ずお店のホームページを見て来られます。
ですが、お店のホームページを見てどんなお客様に来てもらいたいのかが明確になっていないのです。
ブログもそうですが・・・

お客様への恋文

私はよくそのポイントをしっかりと考えて、施術中も
『なぜお客様の髪をなぜ綺麗にしたいのか?』っていう、想いを届けています。

理由は簡単です。

『お客様がずっと通って頂ける為には、まずはお客様への想いを届けないといけない』と思っているからです。

ただ単に
『毛染め』
ただ単に
『パーマ』
ただ単に
『縮毛』
はどこでもやってくれます。

しかし、自分の想いや考え方に共感してくれることによって
想いの乗った『毛染め』

想いの乗った『パーマ』

想いの乗った『縮毛』

『想いのプラスαが乗る』ことで、
『どこにもない美容室・技術・接客』になって来ます。

お客様と美容室の思いが同じだからうまくいく

なんとなくの
『冒険』ではなく
『欲求』にまでになった
『お客様の想い』

『そのお客様の欲求にまでなった想いを叶えたいと思う美容室』
お互いがイコールになりますよね。

だから

『お客様はご自宅で頑張る』=『美容師が技術・勉強を頑張る』

『両方にメリットしか生まれない』のは、わかりますよね?

ですから、来店していただきたいお客様を明確にしてないということは、再来はしにくいということになるのです。

・売り上げ
・来店周期
・再来率
・店販購入率
・客単価
とかは後から勝手についてくるのです。
意図的にコントロールをしようとすると、永くはうまくいかないのは『必要性』『存在価値』が明確でないからなのです。

皆さんのお店はどうですか?
同じ想いですか?

お客様と・・・

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 片思いで上手くいかない今の美容室

  2. 今の美容師が目指すべきブランドとは?

  3. 来店して頂くお客様を決めておく?

  4. 期待値が高い美容室の秘密とは?

  5. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  6. 顧客が望んでいる価値とは?

  7. 美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

  8. 必要とされなくなったら終わり

  9. 今の思考が可能性を止めてる

人気の記事 PICK UP

  1. 期待値と責任を負うのはダメなのか?
  2. 目的がない経営は意味がない
  3. 第3回目美容師基準『次回予約100%』
  4. 高単価美容室なのにお客様が通い続けるのか?
  5. 美容室に魅力があるだけではダメ?

特集記事

PAGE TOP