安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様をコーディネート出来ない美容師達

この記事は約 2 分で読めます。

お客様は髪を綺麗になりたくて来店している

(目的意識のないおきゃくさまはNGですが・・・)
ただ単に
『髪を染める』
ただ単に
『パーマをかける』
ただ単に
『縮毛をする』
ただ単に
『トリートメントをする』

この施術はどこの美容室でもやってくれます。
もちろん私の美容室でもやっています。

ではなぜ
来店周期40日
客単価3万以上
なのに来店し続けてくれてるのでしょうか?

お客様の約束を守る

お客様が
『髪を綺麗にしたい』
という
『興味』
でなく、
『欲求』
にまでなっているお客様のみが来店して頂いているからです。

では髪が傷んだものが、トリートメントなどで元に戻ることができるのでしょうか?

出来ませんよね。
傷んでしまった髪は扱いにくいので、扱いやすくしてあげてるだけなんですよね。

では、お客様の髪を扱いやすくした施術は
『どれくらい持ちますか?』

ホームケアを使って頂いても持っても、1〜3ヶ月以内ですよね。
(もっと持たせるものもあるかも知れませんが・・・)

ではなぜ次回予約が必要でないのか?

『今、綺麗になった』
『今、満足した』

私はよく講習やコンサルの時に言いますが
お客様が
『今だけを綺麗にしたいのか?』
『これからもずっと綺麗な髪で居たいのか?』

全く違いますよね。
まずはこの確認は、お客様には100%聴いた方が良いです。

何回も言いますが
『全く意味が違ってきますし、施術内容も変わってきます』

『今だけを綺麗にすることは、いつでもできる』

しかし、

『ずっとお客様の髪を綺麗になれるように維持する』

と約束をしたのであれば守らないといけない事が出てきますよね。

お客様と美容師との約束

お客様
・家でもお手入れを守って頂く
・来店時期(サイクル)を守って頂く

美容室
・来店ごとに実感が湧かせられる施術をする
・そのお客様の半年・1年後の髪の状態が上がるプラン(計画を立てる)を考える

どうですか?
美容師側1人で計画が立てられますか?
お客様1人で計画が立てられますか?

ではなぜ、
お客様が
『次回〇〇に来店して頂く事が、メリットなのかデメリットなのか?』

『なぜ〇〇の時期じゃあいけないのかの必要性』

その思いをちゃんと伝えていますか?
伝えないとただの片思いですよ・・・

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    2極化するサロン

  2. 価格と便利性の関係を知る経営とは?

  3. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

  4. お客様の期待値と責任を負うのはダメなのか?

  5. こだわりがあるのに上手くいかない今の美容室

  6. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その8

  7. 高単価美容室ではお客様は癒されない?

  8. 高単価美容室に共通する点とは?その2

  9. お客様が虜になる美容室経営?

人気の記事 PICK UP

  1. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのです…
  2. 今の美容室はレッドオーシャン
  3. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  4. 必要とされなくなったら終わり
  5. 本来の目的を見失う今の美容室

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP