安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

片思いで上手くいかない今の美容室

この記事は約 2 分で読めます。

自分の美容室を求めて頂いてないお客様はお断りする

顧客をお断りするといってもどうやって断るの?
そんな簡単じゃないでしょう?
となると思います。

確かに、顧客をお断りするというのは、売上を上げることと反対の事をやるようで、怖くてなかなか行動に移せないですよね。
『なんか偉そうみたいに思われないですか?』とか
『なんか金額を高くするのが心苦しくて・・・』

お客様の為に本気になれる仕事をめざす

冷静に考えてみてほしいのですが、本当は好きでない人の為に死ぬ気で頑張れますか?
仕事だからなんとなく好きなふりをしてやっているのでしょうか?
何で頑張りが本気にならないのでしょうか?
そもそも何でそんなに好きでもない、お客様を集客してしまってるのがそもそもの間違えなんです。
大型店舗のように薄利多売を真似ても上手くいきません。

何となく偉そうに感じるでしょ・・・
でもですね、
自分の大好きな人の為になら頑張れませんか?
疲れててもしてあげたいと言う思いになりませんか?
イメージでいうと、恋愛に似ているような感じです。

美容師がお客様を綺麗にしたい思いレベルと
お客様がキレイにしたいレベルが同じでないといけないのです。

世の中では普通にやっている事に気づくことが大事

少し、ここで『顧客をお断りする』ということについて、別のお話をさせて頂きます。
実は、顧客を切るということは、美容院のみならず、あらゆる業種において繰り返し行われていることなのです。
旬な例をあげると、本日、ニュースをチェックしていると『マクドナルドが平日の昼マックを廃止』という記事が出てきました。
原材料価格の値上がりによる、コスト増加の吸収を目的としていますが、何か策を打たない限りは、顧客離れは免れません。
昼食代を500円までと決めている方は行けないですよね。
高くなるんだったら、カフェのランチにするっていう方もいるでしょう。
それでも、このまま続けていたらコスト増による利益減になるから、昼マックは廃止するという方針に至ったのだと思います。

話はもどりますが、一番簡単で難しい顧客の断るのは、自分が目指す美容室を求めるお客様なのかどうかの判断になると思います。

お客様が求める美容室=私達が求めるお客様
お客様が求めるキレイさ=私達がキレイにしたい思い

この2つが同じでないといけないという事になります。

皆さんの美容室ではどうでしょうか?

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を創造』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

途中参加の方も多くいらっしゃいますので、お問合せください。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. ビジネスはシンプルに・・・

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その9

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  4. 美容師基準

    自分の土俵で勝負する・・・

  5. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  6. お客様にとって今の美容室が魅力的なのか?

  7. 美容師基準

    お客様から選ばれない美容師達

  8. 期待値が高い美容室の秘密とは?

  9. 美容室はなんでも屋ではダメ

人気の記事 PICK UP

  1. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』…
  2. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?
  3. 売上げ・客単価はお客様の信頼度のバローメーター
  4. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?
  5. 本来の目的を見失う今の美容室

特集記事

PAGE TOP