安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様にとって必要な美容室?

この記事は約 2 分で読めます。

お客様にとって必要な美容室なのか?

美容室はお客様が必ず次回来るかどうか不安ですよね?
しかしですね・・・
Soinでは
最近新規のリピート率がほぼ100%近くまでなって来ているんです。
なぜだかわかりますか?

周りの美容室の人からや先輩たちに、そんな事はありえないと思っている方がほとんどだと思いますがそうなんです。

『遠くからでも通いたい』
『ここでなくてはダメ』

と思って頂ける美容室になっているからです。

お客様が独り占めにしたくなる美容室作り

女性は、本当にいいものは人には言いません。
自分だけ綺麗になりたいからです。

例えば化粧品でも、『綺麗になったね』って言われると『その辺の普通のよ・・・』てな感じ(笑い)

1番言われるのが
『人に紹介してしまうと自分の予約が取らなくなるから嫌』だそうです(苦笑い)

そのポジションを今からの時代必ずいると思います。

今からの時代、必要な美容室作りとは?

「顧客が望んでいて」
「競合他店が提供できない」
「自店が提供できる」価値。

これをバリュープロポジションと言います。

これを見つけることです。

見つけることができなければ、競合他店と同じ土俵で勝負することになります。

このバリュープロポジションは非常に狭い範囲での価値の提供となります。

 

だからこそ競合が皆無なブルーオーシャンとなるのです。

 

必ずあなたの美容室・美容師のライバル店に目移りせず、浮気もせずに長い間通ってくださるお客様がいます。

そんなお客様は、他店にはない、あなたの美容室でしか手にすることができない「バリュー=価値」をそこに見出しているからこそファン客となっているのです。

ですから、どんなお店でもバリュープロポジションを持っている事に気付けていないだけなのです。

『本当の自分の価値』を知ることが大事なんです。

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を想像』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

途中参加の方も多くいらっしゃいますので、お問合せください。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    お客様の来店は感情に左右される

  2. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  4. 美容師基準

    良いものだから売れる時代ではない

  5. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

  6. 仕組みだけでは売れなくなる時代が来た

  7. お客様の来店目的を知らないで何を提供するのか?

  8. お客様の年齢層を絞るのは危険

  9. 再来率100%を目指すのを諦める今の美容室

人気の記事 PICK UP

  1. 自分に正直になれる美容室をやればいい
  2. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  3. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習
  4. お客様から必要とされる美容室とは何か?byムコタ
  5. お客様の年齢層を絞るのは危険

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP