安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

美容師基準

この記事は約 2 分で読めます。

『これだけ安いのだから絶対に繁盛するはずだ!!』

言い方は悪いが、

悪徳業者は出来るだけ高く売ろうとする
正直者はできるだけ安く売ろうとする

もちろんお客様にとっては、安ければ安いほど良いに決まってますよね
しかし、『美容室の施術の値段を安くしたんだから、繁盛するに決まってる』と・・・
なのに
『どうしてこんなに安くしているのに繁盛しないのか?』と思ってませんか?

美容室の今までの呪縛を解き放て

何を思って価格を決めているのだろうか?

家業として、ボチボチ生活に困らない程度にやっていく
会社として利益を沢山出し雇用を促進していく
どちらが良いも悪いもなく自分で決めないといけないと思う→はっきりとどちらかに

なぜ美容室は低価格路線になってしまったのか?

割引をする事でお客様が来る
そうすると他も今よりももっと割引をしようと競い合う
これを繰り返してしまったのだと思う

また大手が参入する事でより安い価格になってしまう
冷静に考えて欲しい→大手が出来る事と個人店ができることの違いを・・・
お客様のニーズは多様化しているので、価格が安い・高いを選ぶのはお客様だ

ビジネスとはシンプルな事に気づく

お客様というのは、購入しようとする商品・サービスの価値が、支払う金額よりも高いと感じた時にリピートしてくれるのではないでしょうか?
価値には2通りある

絶対的な価値
お客様が感じる価値

絶対的な価値とは例えば値札に書かれた価格・・・売り手が決めた価値の事

お客様が感じる価値とは『これは本当に良いは』『これをされたら損する』・・・買い手が感じるなので値札とは一致しない
お客さまが感じる価値が絶対的な価値を上回った時に、リピートが生まれる
当たり前と思うがシンプルに考えることが大切なんです

安い価格だけでは集客にはならない

価格を安くしたら飛びつく事が確実ならば問題は簡単ですよね
しかし、安値に飛びつかなくなっているのも感じられてるのではないでしょうか?
たとえ来店して頂いても、リピートしにくく収益率が低く、忙しいのに儲からない

お客様は『その美容室でやってもらいたいかどうかの、好き嫌いの感情の判断によって左右されてる』
と分かってしまえば、『好きになる感情を呼び起こす』には、どうしたら良いのかを考えれば良いというわけだ

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. ほとんどの美容室が気づいていない事

  2. 人の欲求とは何かを知っておく その1

  3. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している

  4. 高単価美容室ではお客様は癒されない?

  5. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

  6. 『便利性の来店と興味の来店』

  7. 美容師が提供できる唯一の価値とは?

  8. 美容師基準

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その1

  9. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?

人気の記事 PICK UP

  1. 客単価3万円を快く頂けるお店作りの秘訣・最終回
  2. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  3. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切
  4. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?
  5. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

特集記事

PAGE TOP