安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

人の欲求とは何かを知っておく その1

この記事は約 3 分で読めます。

世の中の人の欲求とは何かを知る事から見えてくる

1・経済的な安定が欲しい

まずは、“お金”に代表される経済的な安定
資本主義社会の世の中に生きている私たちにとって「お金」は極めて重要な要素の一つです。
ですから経済的に得になる話には敏感になります。
例えば
スーパーの特売のように安く商品を提供すればお客様は買っていくかも知れません。
しかし、価格競争の薄利多売の泥沼にはまったならば経営をを継続させていくことは困難になりますよね。
どうすれば、顧客の経済的な欲求に応えていくことができるか?
世の中を客観的に考えて低コストでの提供を考えていくことが必要です。
例えば、プリンターのインクのようなリサイクル
例えば、産直販売のような流通経路の短縮化などが考えられます。
例えば、サロンの紹介でメーカーサイトで商品を買う(時代は変わってきてますもんね)

2・健康が欲しい

健康は、ほとんどの方が望む本質的な欲求の一つであり、今多くの商品が健康をテーマに美容でも開発されていますよね。
また、世の中には健康に関する情報が溢れています。
したがって、健康を真正面に取り上げて新しい価値を提供するのは難しいかも知れません。
他の欲求とともに健康欲求にも応えられるという方向で考える方がいいと思います。
例えば
畳屋さんの場合、畳には防虫剤や防カビ剤が使われているそうです。
そうなると、安心や安全の面で心配になります。
したがって、防虫剤や防カビ剤を使わない、安全・安心で健康的な畳の提供という価値観の提供が考えられます。
美容室でも、カラーをやるんですから過水などはちゃんとシャンプーしてるのだから大丈夫と思う人  と
カラーなどの過水の残留によって引き起こされる危険性などを、ちゃんとお客様に知って頂く事で「安心・安全」の提供が考えられます。
(妊娠中はダメなのに、妊娠中以外は地肌にベタベタ塗って良いのでしょうか?)

3・愛が欲しい

人は誰もが他人が自分のことを愛していることを願っています。
愛を手に入れたいというのは、誰もが反応しやすい根源的な欲求の一つだと思います。
私達の商品・サービスを愛(お客様が良くなってもらいたい・いつもお客様の事を考えている)という観点から考えたならばどんな付加価値が必要でしょうか?

4・安全(安心)が欲しい

人は危険を避けて安全な状態になることを望みます。
したがって、安全・安心を前面に打ち出した商品が多く見られませんか?
特に、小さなお子さんや高齢者の場合
日常の生活の中に潜んでいる危険要素を探り出して安全・安心な商品・サービスを提供することこの方向で考える事は今の時代、絶対に必要だと思います。

お客様に、なぜ「安心・安全」がいるのかの定義することが大事

人は困らないとその危険性や安全性の必要性に気づきません。
困ってからでは遅いのですが・・・
お客様に
何のために美容室・美容師になったのか?→ずっと施術をやり続けておしゃれを楽しんで頂ける為に
何を提供したいのか?→安心して白髪や抜け毛やアレルギーなどにならない為の「安心・安全」な技術や商品を提供したい
その為にはちゃんとした「定義」がいるのだと思います
その前にちゃんとそれを求めているお客様を集めないといけませんが・・・・

 

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 期待値が高い美容室の秘密とは?

  2. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その3

  3. ビジネスはシンプルに・・・

  4. 美容師基準

    良いものだから売れる時代ではない

  5. 美容師の常識

    周りの美容師が売上を落として行く中で、私は3年連続で売り上げは伸び続けています!!

  6. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

  7. 顧客が望んでいる価値とは?

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その5

  9. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

人気の記事 PICK UP

  1. 私からのラブレター
  2. お客様の期待値と責任を負うのはダメなのか?
  3. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  4. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・そ…
  5. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのです…

特集記事

PAGE TOP