安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

この記事は約 2 分で読めます。

ブルーオーシャンになるしかない

ブルーオーシャンでビジネスができると次の3つの効果が期待できます。

価格決定権があり、収益性が高い

競合相手が多い今の美容室の領域ではどうしても価格競争になります。
競合より1円でも安く
結局、大きくて体力のある企業が勝つということになってしまいます。
小さなサロンは大手と勝負しても叶うはずがありません。
ブルーオーシャンでは価格よりも提供価値を強く訴えていくことができます。
独自性があるので、価格決定権があり収益性が高くなります。

継続率が高い

レッドオーシャンでの戦いは前から、後ろから、斜めから切り付けられます。
いつ、競合にやられるか分りません。
ブルーオーシャンでは競合はいない、あるいは少ないだから、ビジネスが長く続けられる可能性が高いのです。

ストレスの少ない経営ができる

毎日、やるかやられるかということを気にしなければならないレッドオーシャンでのビジネスよりもどうしたら、もっとお客様に満足していただけるか
このようなブルーオーシャンでのビジネスの方がストレスが少ないのは当然ですね。

私もそうですが、明日はどんなことをしてお客様に喜んでもらおうか?
こんなことを考えて商売していると毎日が楽しくてしかたがないと、思ってやっています。
でも、また近くに競合する店ができた客をとられたらどうしよう…
こんな心配ばかりしている美容室が多いのも事実です。

記事が気に入ったら
美容師基準を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

美容師基準

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    なぜ集客をしないのか?

  2. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  3. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

  4. 美容師基準

    新しい商材が出ないと本当に売上げが上がらないのだろうか?

  5. 美容師基準

    平均単価よりも時間単価を考る

  6. 美容師基準

    自分の土俵で勝負する・・・

  7. 再来率100%を目指すのを諦める今の美容室

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その8

  9. 美容師基準

    自分の美容室を求めるお客様だけになるには?

人気の記事 PICK UP

  1. 来店して頂くお客様を決めておく?
  2. お客様を魅了できるのは貴方しかいない
  3. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  4. 便利屋になってしまった美容室
  5. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい

特集記事

PAGE TOP