安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容師にとっての安定とは何ですか?

美容師にとっての安定とは何ですか?

例えば
学校を卒業し、ほとんどの方が就職をし、
そのまま定年まで働くことになります。
そして、年金を貰い、暮らしていく・・・。

これが、一般的な安定論です。

はたして、これは本当に安定なのでしょうか?

とくに20/30代の人は問題です。
今は、大企業が倒産、リストラをする時代ですし、
中小企業、小売業も、減少しつつあります。

国が破綻すれば、公務員ですら危うい時代です。
そう、結局就職することで得られる安定は、とてつもなく不安定なのです。
リアルに、雇用側の現状はこれから厳しくなっていくことでしょう。

他にも、安定説で出てくるのは、
『生涯年収を早く稼ぐ』
です。
たしかに、これは一理ありますし、今の日本だったら安泰ですね。

でも、もし日本の円の価値が下がったらどうでしょうか?
20万円が、10万円の価値しかなくなったら?
物価、公共料金、税金の高騰がすすんだら?

そう、これも本当の安定にはならないんですね。

お金自体には本当の価値はないですからね・・・

では、本当の安定とは?

それは、
『自分』です。

??どうゆう意味??ですよね

あなたが自分で、お金を生み出す力があることです。
好きな時に、好きな分だけお金を稼ぐことが出来る。

これが究極の安定です。

すぐに1000万とか、一億だときついかも知れませんが、
自分が欲しいときに100万得ることが出来る。
数十万でもいいです。

そろそろ旅行いきたいから、
銀行からお金下ろして来ようかな?
みたいなイメージで、お金を得ることが出来る。

ここでの銀行は、自分のビジネスですね。
いつでも、どこでも、『自分の思考とスキルがあれば、稼ぐことが出来る』

これから、ビジネスをはじめる人も、
もう自分のビジネスをもっている人も、
この究極の安定を意識して、取り組んでみてくださいね。

きっと見える世界が変わるはずです。

アバター画像

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

  2. 自分を信じる事が出来ない?

  3. お客様をコーディネート出来ない美容師達

  4. 今時の美容師のメンタルの弱さ

  5. 美容師基準

    今の美容の現実をコントロールするか、されるのか?

  6. 必要とされなくなったら終わり

  7. 目的がない経営は意味がない

  8. 美容師基準

    『なぜ、自分のサロンを選んでもらえないのだろう?』

  9. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

人気の記事 PICK UP

  1. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  2. 『お客様に来て欲しい』が魅力がなければ来ない
  3. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  4. 美容師基準 売れてる美容師に学ぶ価値づくり最終回
  5. 美容師基準7回目講習

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP