安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法

なぜ3万円以上の客単価が維持できているのか?

1・どんなお客様に来店してもらいたいかが明確にしている
2・今のお客様に必要な事や物を提供してくれる
3・今だけを良くするのではなくお客様が何十年も通い続けれることを一緒にちゃんと考えてくれる
4・お客様のライフスタイルに合わせた提案をしてくれる
5・お客様が来店する時毎回ワクワクする美容室になっているのかどうか
6・清潔感がある
7・髪の毛のプロである
8・技術がちゃんとしてる
9・お客様にとって必要な美容室なのか?
10・何が得意なのかが明確になっている

私が思うに、
お客様からしてみれば『私の事を理解してくれているか』ということかと。
自分の事をわかってくれる人、自分の事を一生懸命に考えてくれる人、そういう人やそういう場所に人は集まり、通い続けていくたびに髪の状態がちゃんと変化し実感があり続けるからこそ継続して通うんだと思います。

ですからお客様からすれば通う理由になっているのだと思います。

Avatar photo

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』

  2. 可能性しかない今の美容室

  3. 美容師基準

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その1

  4. 払った額相応の価値を感じられてる?

  5. 自分に正直になれる美容室をやればいい

  6. お客様に対して美容師はどんな価値を提供できるか?

  7. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  8. 美容師基準

    自分の思い描くサロンに挑戦する

  9. 美容師基準

    美容のこれからの時代必要なキーワードとは?

人気の記事 PICK UP

  1. 今の美容は成熟市場だからこそ何をするべきか?
  2. 今の思考が可能性を止めてる
  3. 美容師基準 サロン価格は自分で決めるもの
  4. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  5. 美容師基準 新しい商材が出ないと本当に売上げが上がらないのだろうか?

特集記事

PAGE TOP