安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法

なぜ3万円以上の客単価が維持できているのか?

1・どんなお客様に来店してもらいたいかが明確にしている
2・今のお客様に必要な事や物を提供してくれる
3・今だけを良くするのではなくお客様が何十年も通い続けれることを一緒にちゃんと考えてくれる
4・お客様のライフスタイルに合わせた提案をしてくれる
5・お客様が来店する時毎回ワクワクする美容室になっているのかどうか
6・清潔感がある
7・髪の毛のプロである
8・技術がちゃんとしてる
9・お客様にとって必要な美容室なのか?
10・何が得意なのかが明確になっている

私が思うに、
お客様からしてみれば『私の事を理解してくれているか』ということかと。
自分の事をわかってくれる人、自分の事を一生懸命に考えてくれる人、そういう人やそういう場所に人は集まり、通い続けていくたびに髪の状態がちゃんと変化し実感があり続けるからこそ継続して通うんだと思います。

ですからお客様からすれば通う理由になっているのだと思います。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  2. 美容室に魅力があるだけではダメ?

  3. 払った額相応の価値を感じられてる?

  4. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  5. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習

  6. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その5

  7. お客様からはアピールしにくいのですよ

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9

  9. 美容師基準

    誰もやらないのであれば自分で切り開けば良い

人気の記事 PICK UP

  1. 私からのラブレター
  2. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切
  3. 高単価美容室に仕事の速さは必要なのか?
  4. 今の美容は成熟市場だからこそ何をするべきか?
  5. 必要とされなくなったら終わり

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP