安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容師基準7回目講習

今回は

初級編は今更ですが『縮毛矯正』
上級者は集客に困らない美容室づくり

初級編『縮毛』

今回は八幡西区のライトの古賀先生に縮毛の講習をしていただきました。
くせ毛は、昔に比べ難しくなっています。
ホームカラーや、コテなどのダメージも多くなっていますのでリスクが高くなて来ています。
それにより、ダメージもしやすくなって来ています。

薬剤を知る事は髪へのリスクを減らす事ができますから、しっかりと勉強しています。

そしてどの様な薬剤の調合にするかの、薬剤設定とタイム設定の関係性などを知っていただきます。

どのポイントで、

お客様に実感して欲しいのか?
お客様に何を感じてもらいたいのか?

ただ学び知識だけが多くなっても、お客様はプロだから当たり前だと思っています。

 

ではどうしたら良いのか?

『魅せ方&実感』

ポイントがとても重要になって来ます。

何回も言いますが

『知識だけでは職人ですよ』

上級は集客に困らない美容室づくり

なぜお客様がせっかく来店して頂いてたのに、来なくなるのでしょうか?

ここをしっかりと考えないといけないと思います。

私のお店はゼロからのオープンでしたので、3年半のうち最初の1年だけ情報誌に載せていました。

が今はしていません。

顧客数も、3年半で170人以下です。

最初の1年は手探りで新しい試みでしたので、確かに失客していましたが今はほぼ100%の再来になっています。

次回予約は看護婦さんなど、シフトの人を除くと100%になっています。

だからこそわかるのです、この仕組みさえわかれば・・・・

常軌を見ていただくとわかると思いますが、お客様はまずは興味から来店されます。

もしくは、自分の悩みを改善したいと思い、探されてご来店になります。

この時点で、お客様の『欲求』の度合いが違う事がわかります。

1人のお客様のための美容室づくりは、自分の成長にもつながります。

私はよくお客様に言う事があります。

『お客様1人1人の悩みを改善したいと思い、その悩みを改善するために勉強できることに本当に感謝します』

『そのことによって、同じ様な悩みがある方の役に立てる様になって、ありがとうございます』

『お客様に育てられてるこのSoinはとても誇りに思います』

って・・・・

『何のために運営しているのか』

ここが1番大切になって来ますからね・・・

お客様は自分が良くなる事がイメージさせられるかで決まります。

お客様を導いていける、コンサルタントにならないといけないのです。

未来とは今あることにしっかり取り組む事の繰り返しにより、良い未来が出来るのです。

お客様と2人3脚でやってるからこそ、お客様の来店し続ける理由になっているのです。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 高付加価値ストレート&ムコタ講習

  2. 第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』

  3. 第3回目美容師基準『次回予約100%』

  4. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  5. 第2回目美容師基準『価値と価値の交換』

  6. 美容師基準

    割引に頼ることなく、技術を買っていただくための自信がつきました。

  7. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習

  8. 美容師基準

    お客様の来店は感情に左右される

  9. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その1

人気の記事 PICK UP

  1. 顧客目線を忘れてた?
  2. 来店して頂くお客様を決めておく?
  3. 価格競争を脱却
  4. こだわりは誰の為なのか?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP