安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その7

仕事が早い

このテーマは、今も昔も
『仕事が早い奴はうまい』って言いますよね。
仕事が早いのと、『高単価サロンとどんな関係があるの?』って思うかもしれませんが、
20年近く美容をしておりますが、10万人以上のお客様を施術したからこそわかるところなのかもしれません。
その辺の美容師の現場を経験していないコンサルタントよりも、美容師だからこそわかる事なのかも知れません。

《注意》
それ以上のお客様をやっている美容師さんには関係ないかもしれませんが・・・

仕事が早いことのメリット

①仕事が早くリピート率が高くなる
②仕事が早い事で周りをよく見れるようになる
③仕事にリズムが出来てくる
④仕事が綺麗に出来るようになる
⑤準備と段取りがうまくなる
⑥お客様の求めるものを的確に聞けるようになる
⑦お客様との会話・説明が要点を絞って話せるようになる
⑧スタッフとのコミュニケーションが増える
⑨いつも自分に挑戦できて、経験と反省の繰り返しで成長を感じられる
⑩仕事が早いと、的確な髪質を診断し薬剤選定ができるようになる

本当はまだ10個ほどありますが、それはまた次回で・・・

高単価美容室に仕事の速さは必要なのか?

結論を言うと必要です。
皆さんは
『高単価なんだからゆったりとした方が良い』
と思ってますよね!
だからダメなんです・・・
『洗練された仕事は、無駄がなく綺麗な仕事ができる』と私は思います。
理由は簡単です。

無駄がなく仕事をするには、絶えず毎日の仕事の中で時間とクオリティーを考えながら自分に厳しく経験し失敗をデーター化して同じことを繰り返さないように考えながら仕事をします。
『時間とクオリティー』を追求できるからこそプロではないでしょうか?

時間をかければ良いのであれば誰でも出来る

言い方はダメなのかもしれませんが、どこにでも体に入れられる技術は成熟した美容の荒波に巻き込まれてしまってませんか?

皆さんの中でも
『しっかりと丁寧にやっているのに・・・』
と思った事ないですか?

それはですね
『自己満足なんです』
何もお客様に感じられにくいんだと思います。

たまにありませんか?
なんの業種でも
『手際よく』
『丁寧で』
『リズムがあり』

など見入ってしまった事ありませんか?・・・・

それなんです。

惹きつけるものなんです。
感じさせる力なんです。

逆に言うと
魅力の出し方を知っていると言う事なんです。

ぜひ1度今の仕事の時間を計って見てはどうでしょうか?
『その仕事が魅力的に見えて、なおかつスピーディー』ですか?
それがこう単価サロンを作る近道なのかも知れません・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    何を想い経営をしていくのか?

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その3

  3. 高単価美容室に仕事の速さは必要なのか?

  4. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

  5. お客様の年齢層を絞るのは危険

  6. 美容師基準

    お客様が秘密にしたくなる美容室作りとは

  7. お客様の来店目的を知らないで何を提供するのか?

  8. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?

人気の記事 PICK UP

  1. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  2. 気持ちが一方通行の今の美容
  3. 顧客目線を忘れてた?
  4. 私の経営方法は変わっている?
  5. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

特集記事

PAGE TOP