安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様にとっての期待値の差とは?

お客様にとっての期待値の差とは?

『お客様が実感が毎回あるかどうか?』
『前回よりも今回の方が実感が増しているかどうか?』

ここに尽きると思います。

イメージしてみてください。
・10円のうまい棒
・1,000円のうまい棒
・10,000円のうまい棒
・100,000円のうまい棒

うまい棒の例えが良いかはわかりませんが、10円のうまい棒は食べたことがあるのでわかりますよね。

うまい棒で1,000円?
どんなうまい棒なんだろう?

うまい棒で10,000円?
そーとー美味しいんだろうか?

100,000円のうまい棒?
どんな拘りがあるんだろう?
どんな味なんだろう?

なんとなくわかりました?

金額というものは、高くなるほと期待値が高くなるんです。
その分、全てにおいて完璧でなくてはいけません。

そうでないとリピートをしませんよね。
また、
『売る』のではなく『お客様自ら買って頂く』ようにしないといけません。

『お客様がわざわざ探して来店して頂く』
目的意識を持ったお客様を・・・・
ここをしっかりと考えないといけません。

何回も言いますが
『お客様が実感が毎回あるかどうか?』
『前回よりも今回の方が実感が増しているかどうか?』

何にポイントを置いて感じて欲しいのでしょうね・・・

『技術』+『仕組み』がいると言う事も知っていただけたのではないでしょうか?

次回は
『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』を書いてみたいと思います。

皆さんも、こんなの聞いてみたいことなどありましたら、お問い合わせください。

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を創造』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

途中参加の方も多くいらっしゃいますので、お問合せください。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    自分達がやっている事はどこでもやっている

  2. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  3. 忘れてはいけない美容室は◯◯である

  4. 店販購入率100%になる理由を考える

  5. 美容師の自信を取り戻せ!

  6. 高単価美容室ではお客様は癒されない?

  7. なぜ美容室の価格は下がり続けたのか?

  8. 美容師基準

    お客様が秘密にしたくなる美容室作りとは

  9. 美容師基準

    美容室の最高な技術を買って頂く為には?

人気の記事 PICK UP

  1. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している
  2. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9
  3. 忘れてはいけない美容室は◯◯である
  4. 来店して頂くお客様を決めておく?
  5. お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP