安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

モノに頼った美容室経営

モノに頼った美容室経営

最近ネットなどで〇〇マスターの成分の不透明感が出たことによって、
デパートや美容室は大変になってくるのではないでしょうか?

人や技術ではなくモノに頼ってしまった結果ではないでしょうか?

1度は経験したはず

メーカーさんの言う事を鵜呑みにして、『施術をして失敗した事』・・・

結局自分で、ちゃんと調べ使いこなしているのではないでしょうか?

名前が先行してしまい、先入観でモノを選んでしまうことは悪いわけではありませんが、
『ブランド』と言う『安心感・安全性』を構築する上で美容室も同じことが言えると思います。

1人のお客様にとってのブランドになる

1人1人のお客様にとっての『ブランド』になってるからこそ
通い続け、そのお客様にとって必要な『モノ・コト』をオススメして買って頂いている。

全く同じことだと思います。

『ブランド』と言う『安心感・安全性』を構築することは、

お客様との

『信頼』『信用』

してるからこそ成り立っています。

世の中は成熟している

良いものと悪いものの、『見極め』がとても難しくなってくる様に思います。
例えば
『メーカーさんの言う事を鵜呑みにして、施術をして失敗した事・・・』
『〇〇先生が言ってたから・・・』
みたいな・・・

情報も世の中にはあふれています。

私はいつも
『本当かどうかを自分で調べる』
ここに尽きると思います。

お客様からお金を頂くと言うことは、特に私のサロンでは9月度でも35,000円以上の客単価ですので
『信頼』『信用』『安心』『安全』を買って頂いていると思うからこそ、
私の美容室に来て頂いている。
『お客様の為には当たり前』の事だと思ってます。

皆さんはどうでしょう?
全てを鵜呑みにしていませんか?

お客様はあなたの美容室の
『信頼』『信用』『安心』『安全』を買って頂いていると思いますが

『誰の為の拘り』なのか?

ちゃんと見直さないといけないと思います。

あなたが提供するから価値がある

例えば
お客様はどちらを選ぶでしょう?

①『この間、〇〇の講習を受けて教えてくれた先生がこれは良いと言ってました』

②『この間、〇〇の講習を受けて教えてくれた先生がこれは良いと言ってたのを、〇〇様には必要かと思ってもっと調べてみました』

どうですか?

『あなたがお客様のために勉強するのか?』
『あなたの自己満足で勉強するのか?』

は全く違うと言うことですんね。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 高単価美容室は全てが高級じゃないといけないのか?

  2. 忘れてはいけない美容室は◯◯である

  3. 美容師基準

    新しい商材が出ないと本当に売上げが上がらないのだろうか?

  4. 目標と目的の優先順位が逆な今の美容室

  5. お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない

  6. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  7. お客様の来店目的を知らないで何を提供するのか?

  8. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  9. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのですか?

人気の記事 PICK UP

  1. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?
  2. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達
  3. 美容師基準 美容師基準がなぜ必要なのか?
  4. 通い続けても綺麗になる実感がない

特集記事

PAGE TOP