安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

美容師基準

集客を考える

そもそも集客をやり続けないといけないのでしょうか?
もちろん、ゼロからのお店のオープン時はいるかと思いますが、それでももう何年集客をやり続けていますか?

なぜお客様がたまらないのでしょうか?

集客ももちろん大事です。
しかし、失客し続けたままの原因がわからないままやり続ける事の方がもっと大変です。
多分皆さんの方が技術は、うまいと思います。

しかし、1つ1つの
『モノ・コト』
の魅せ方(魅力)を最大限に活かせていないだけだと思います。

世の中には『モノ・コト』は溢れてる=成熟期の美容

この成熟した市場の美容の中で、当たり前のことを当たり前にやっててはお客様を魅了する事が出来ません。
もしくは『普通』です。

ではどうしたらいいのか?

そう、誰がお客様に『モノ・コト』を提供してるのでしょう?

そうあなたなんです。

あなたから、提供される『モノ・コト』だから代わりはできませんよね。
逆に言うと、代用が効かない様な
『魅せ方=魅力』
を出さないといけないと言う事なんです。

先ほども言いましたが、
『当たり前のことを当たり前にやっててはお客様を魅了する事が出来ません。』
『普通』
だと・・・・

無意識の『モノ・コト』には意味や価値はない

私のスタッフや、受講者にもよく言いますが

『何も考えないでやる行動や発言は、意味や価値はない』

と言います。

理由は簡単です。
常にお客様から見て
『魅力的で必要性になってもらえるには、どうしたらいいのか?』
これを常に頭の中に叩き込むのです。

考えないのは『普通』ですから、常に考えるコトです。

お客様にとって

『私(美容室&美容師)を、求めてもらえる欲求』
『いつも楽しみで、早く美容室に行きたい』

ってなるにはどうしたらいいのか?
これを考えるのです。

私は

・他の美容室に足りないものを補い
・他の美容室よりもサービスクオリティーを上げて
・高単価でもお客様に払って頂ける様に改善して
・『求められる美容室』とはを常に考えた
・自分自身の価値に気づく

ですから
『お客様から求められて』
『お客様が早く行きたくなる』
そんな美容室なので、お客様が減っていかなく溜まっていくようになるのです。

どうですか?

あなたは
『魅力的に見える努力をしていますか?』

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  2. 再来率100%を目指さない今の美容師達

  3. 期待値と責任を負うのはダメなのか?

  4. お客様の年齢層を絞るのは危険

  5. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  6. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?

  7. 美容師基準

    低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?

  8. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

人気の記事 PICK UP

  1. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?
  2. 可能性しかない今の美容室
  3. 曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない、今の美容
  4. 美容師基準 なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?
  5. お客様にとって必要な美容室?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP