安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

『なぜ、自分のサロンを選んでもらえないのだろう?』

美容師基準

『なぜ、自分のサロンを選んでもらえないのだろう?』

そもそも、今のサロンがお客様にとって必要なのだろうか?

ドキッとしませんでしたか?

なんとなく10年経ったから、独立しよう
なんとなく年齢も30代になったから、独立しよう
なんとなく、新人も入ってきて自分の居場所がなくなってきたな〜
なんとなく、売り上げも、ココ何年もそんなに変わらずもう自分で独立をして自分のやり方でもっとやってやろう〜

まだまだ沢山の独立をした時の理由があると思います・・・・

美容をやり始めた動機が大事

1番大事なところが、抜けてませんか??

なぜ、独立したのかが大事ですよね!

よく講習をやってて聞くのが、

『美容は大好きです?』
『それだけではダメですか?』

って・・・

ただ美容が好きだけではうまくいかない

お客様が、美容を好きでない人にやってもらいたいのだろうかと・・・

『美容が好き』なのは当たり前ですよね

ただそれだけでは、当たり前すぎて他店と何が違うのでしょうか?

例えば
パン屋さん
クロワッサン専門店

焼き肉や
佐賀牛専門店

サロンは何の為に存在してるの?

何でもできますよ~
どんな人でも大丈夫ですよ~
お客様が何となく近くだから来た
料金が安いから来た

それでも良いのかもしれません

何かピンとこないでしょう?

何となくお店の存在がぼけてしまってる

もしも可能であれば

ここに1度は来てみたかった
絶対に来てみたかった
このメニューをしてみたかった
ここでダメだったらあきらめようと思ってた

お客様に求められるサロンでありたいですよね

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 『お客様に来て欲しい』が魅力がなければ来ない

  2. 何でも屋から卒業せよ

  3. モノに頼った美容室経営

  4. 自分ブランドを立ち上げる

  5. 本来の目的を見失う今の美容室

  6. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

  7. 美容師基準

    高単価美容室を作る為のマインドの作り方

  8. 人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

  9. 今の美容師は『何故そんなに焦っているの?』

人気の記事 PICK UP

  1. 高単価美容室ではお客様は癒されない?
  2. 今時の美容師のメンタルの弱さ
  3. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  4. 選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法
  5. お客様の期待値の高さ

特集記事

PAGE TOP