安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

売上げ・客単価はお客様の信頼度のバローメーター

お客様の信頼度のバローメーター

みなさんの中には、『売り上げを上げたい』って思ってる方もいると思います。
しかしなぜ売り上げが、一時的でなくずっと続かないのでしょうか?

『なぜを繰り返そう!』

考えるられる事を少し考えて見ましょう。

・技術に自信がない
・お客様にとって必要なメニューなのに断られる
・お客様の要望にちゃんとカウセリングで聞いて施術をしてる
・金額が高くなると気が引けるのでお勧めできない
・店販もお勧めしても断られる
・次回予約が取れないので翌月の売り上げが予測がつかない
・キャンペーンをやった翌月の売り上げが悪い

まだ上げると、沢山原因はあるかとは思いますが、
それって・・・

『今来られてるお客様にとって魅力的で、必要に感じてもらえてますか?』

なぜあなたのお店にお客様が通い続けてるのかを知っていますか?

お客様はあなたの美容室を信頼・信用してるからこそ通い続ける理由になってますか?
パッと答えられる方は問題はないと思います。

しかし
『答えられない』
のになぜお客様が、通い続けるのでしょうか?

気づきましたか?

そこなのです。

美容室側がお客様の明確な来店理由がわからないのに、『売り上げや通い続けたい』
思ってもお客様が『お金を払ってでも、通い続けたい』思うはずがないと言う事なのです。

高額になればなるほど信頼・信用は増す

これは、高額商品・高額な施術をしてもらうのに

『信頼・信用』していないのにお金を出しては頂けませんよね。

もちろん期待値も格段に上がります。

私のSoinでも先月¥35,000以上の客単価ですから、

『信頼・信用』『期待値』も格段に上がります。

また、来店周期が41日になるともっとハードルが上がります。

しかし、なぜお客様が続けられるの?

それはですね・・・・

 

 

 

それではまた次回・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. こだわりは誰の為に・・・

  2. 期待値と責任を負うのはダメなのか?

  3. 本来の目的を見失う今の美容室

  4. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

  5. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

  6. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  7. 通い続けても綺麗になる実感がない

  8. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  9. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

人気の記事 PICK UP

  1. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  2. 第5回目美容師基準・パーマ・新規リピート率100%講習
  3. 美容師基準8回目講習『髪質改善カラー』
  4. 美容師基準 何を想い経営をしていくのか?
  5. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP