安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

忘れてはいけない美容室は◯◯である

美容師はプロ・専門家である

お客様のある悩みや課題について、解決手段を探している時、「その悩み『も』扱えます」という人よりは「その悩み『専門に』やっています」という人に頼みたくなると思いませんか?
お客様は「どうせならプロに」「専門家に」という事よく聞きます。
なぜか?
デザインはある程度レベルが上がっているので、お客様にとって見分けがつかないんです。
ですから、
本当に髪を綺麗にしてくれるところ
その美容室に通い続けて本当に良くなれる
という『安心・安全』が感じられるサロンが必要とされてるのだと思います

メッセージが明確になり訴求力がUPする

美容師の提供できる価値が明確になることで、より思い起こされ、選ばれる存在となります。
しかも、結果的に絞込み範囲外のお客様も入ってくることが多くなります。
例えば、40代専門の雑誌、と謳っているからこそ50代の人も買っていく、という事例は想像しやすいのではないでしょうか。
「年齢に不相応な話題や流行ばかり載っていても困る、でも、自分より少し若めの話題や流行には触れておきたい」という心理になると思いませんか?

お客様を絞り込むには覚悟が必要

絞り込むのは、一見「可能性の切り捨て」のようで怖く感じるかもしれません。
よって、多くの人が曖昧なポジショニングに留めてしまいます。
しかし、絞り込みには明確なメリットがあり、むしろ堅実に可能性を広げることでもあるのです。
この壁を乗り越えていただきたいと思います。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その7

  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その8

  4. 技術・商品のこだわりは伝わって初めて価値になる

  5. お客様の年齢層を絞るのは危険

  6. 美容師基準

    2極化するサロン

  7. 何でも屋から卒業せよ

  8. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

人気の記事 PICK UP

  1. 自分に正直になれる美容室をやればいい
  2. 今の美容師が目指すべきブランドとは?
  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その1
  4. 第3回目次回予約100%頂ける美容室・講習
  5. 高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?

特集記事

PAGE TOP