安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室の今のサービスは本当に必要なのか?

美容師基準

サービスの本質というのは、お客様の事前の期待(要望)を捉えること

いくら美容室が良かれと思って提供したことでも、お客様の事前の期待(要望)に合っていなければ「サービス」とは呼んでもらえない
なぜそのサービスがお客様が本当に必要なのか何を期待されて来店しているかどうかを知る事がとても重要になってきます

多くの美容室はお客様の事前の期待(要望)をあまり意識できていない

「良いサービスは喜ばれるに決まっている」と思い込んで、勝手に作ったサービスを一方的にお客様に押し付けてしまっているのです
これではお客様に喜んでいただくことはできません
事前の期待(要望)を捉えずに「サービスの向上」に取り組むのは、目隠しをして的を狙うようなものです
もしかしたら、偶然何回かは的に当たるかもしれませんが、多くは的を外してしまう
せっかくお客様に喜んでもらいたいと思って手間をかけて取り組んでも、お客様の事前の期待(要望)に合っていないために喜んでいただけない

一生懸命に取り組むのに成果が出ない理由

そこでまずは、「何に取り組むか」「何をやめるのか」を考える前に、「満たすべき事前の期待(要望)は何か」をハッキリさせることが重要なのです
事前の期待(要望)を捉えることができると、その期待(要望)に応えるために何に取り組むことに価値があるのかが自ずと浮かび上がってきます
同時に、その事前期待に合っていない取り組みは「やめること」も考える事ができます

そこに割いていた無駄な努力を、事前の期待(要望)に応えるための価値ある努力に振り向けることが可能になるのです
事前の期待(要望)を中心にサービスを組み立て直すことで、サービスの効率化と価値向上の両立は十分に可能になります

 

美容室の一方的な思いでサービスを改革しても、お客様・スタッフのいずれかを犠牲にすることが多いものです

お客様の事前の期待(要望)を捉えて、お客様もサービススタッフも事業としても価値を感じられるサービス改革が今こそ求められています

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    美容室は『モノ』よりも『コト』を提供せよ

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2

  3. 美容師基準

    自分の美容室を求めるお客様だけになるには?

  4. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その4

  5. あなたのお客さんはなぜリピートしてくれているのですか?

  6. 美容師基準

    今のお客様の◯◯を知っていますか?

  7. 高単価美容室の共通点とは?

  8. 美容師基準

    良い技術だけでは売れない時代が来た

  9. 人の欲求とは何かを知っておく その1

人気の記事 PICK UP

  1. 私の経営方法は変わっている?
  2. 美容師基準 お客様から選ばれない美容師達
  3. 第5回目美容師基準・パーマ・新規リピート率100%講習
  4. 価格競争を脱却
  5. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP