安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

サロン価格は自分で決めるもの

美容師基準

サロン価格は自分で決めるもの

ネットなどでサロン価格についての事が多くなってますが、私の考えですが
『値段は誰かがこの価格にしなさいと言われたのではなく、自分で決めるもの』だと思います
うちのサロンも平均単価が3万以上ですが、一般のサロンに比べるとべらぼうに高い

カラーでも2万以上は頂いています
『お金が支払えない人は私の高級な美容院に来る資格が無いので、どうぞ市販のカラーを使ってください。』
って言ってるわけではないんです

お客様にとって絶対に必要な・大切なサロンになりたい

リーズナブルなサロンは価値が低く、高級サロンは価値が高い
リーズナブルなサロンで働く美容師は価値が低く、高級サロンで働く美容師は価値が高い
リーズナブルなサロンに行くお客様は美容の価値がわからない人で、高級なサロンに行く人は美容の価値がわかる人

と、言いたいわけではありません

価格はお客様が納得すればそれで良い

価格を高く設定をする事で、失客のリスクは上がります
お店の感じ(掃除・空調など)
サービスが行き届いているか
お客様が求めている事がちゃんと改善させられてるか
使うもの1つ1つにちゃんと何の為にそのお客様に使うのかが伝わってるのか
通って行くごとに変化を感じられるのか
お客様の求めてるものを提供できてるのか

など沢山上がってしまいます
ですからマンツーマンで、時間と技術を買って頂いてます

何かを勘違いしている

これもよく言われます
『お金持ちの方しか来ないんでしょ』って・・・
確かにゼロとは言いませんが、一般の方が98%くらいでしょうか
20歳くらいの大学生も通って頂いてます
バイトをしてまで2〜3ヶ月に1回、サロンに来る為に・・・
お金を使う基準は色々あって良いと思います
その大学生にとっては大切なお金です
今通って頂いている、お客様にとっても大切なお金です
ですから、
『前回よりも今回の方が良い』って毎回言って、感じて頂ける様にサロンが進化しているのです

人のサロンをあ〜だ・こ〜だと言う前に、自社、自社スタッフ、自分自身が、これだと思う事を他者を批判せずに突き進めば良いのです
リーズナブルなサロンも高級サロンも、トータルビューティーサロンも、どんなサロンでも、働く人が誇りを持って働いて、豊かになっていればそれで良いと思っています

『お客様にとって必要なサロンであれば』

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  2. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

  3. こだわりは誰の為に・・・

  4. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その9

  5. 高単価美容室に共通する点とは?その2

  6. お客様から必要とされる美容室とは何か?byムコタ

  7. 自分を信じる事が出来ない?

  8. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達

  9. 来店して頂くお客様を決めておく?

人気の記事 PICK UP

  1. 美容師基準 売れてる美容師に学ぶ価値づくり最終回
  2. お客様から選ばれる『お店・人』
  3. 期待値が高い美容室の秘密とは?
  4. 仕組みだけでは売れなくなる時代が来た
  5. もっと想いをお客様に伝えませんか

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP