安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

こだわりがあるのに上手くいかない今の美容室

拘りのある美容室なのに目的意識のないお客様が多い今の美容室

私の美容室もこだわりがあります。
ですから、お客様もこだわりがある方しか来られません。

皆さんの美容室ではどうでしょう?
デザイン系の美容室
でも
デザインに興味がない方が来店されてる

ケアを推してる美容室
でも
髪にあまり興味のない方が来店されてる

スパを推してる美容室
でも
スパに興味がない方が来店されてる

100%『欲求』にまでなったお客様が埋まることは難しいとは思いますが、せめて7〜80%以上は
美容室側が拘りを求めるお客様が占めてほしいものです。

なぜ美容室の求めてるお客様ではないお客様が来店されているの?

それはですね〜
『来るものは拒まず』で薄利多売にお客様を集客してしまいます。

でもどうですか?
そもそも、『何の拘りのある美容室でしたっけ?』

自分達の拘りを追求する為に、いつも勉強し技術を磨き営業をしていますよね。

来店しているお客様が
100%求めて来られてるお客様だったら・・・
『この拘りを求めてくれてるので、より頑張れる』
『この拘りをもっと極めてお客様の為の勉強をもっとしたい』
『もっと沢山の方に、この拘りを必要としてくれる方にオススメしたい』
来店しているお客様が
6(求めてる):4(求めていない)方達でしたらどうでしょう?
6割の方には
『この拘りを求めてくれてるので、より頑張れる』
『この拘りをもっと極めてお客様の為の勉強をもっとしたい』
『もっと沢山の方に、この拘りを必要としてくれる方にオススメしたい』

しかし
4割の方には・・・
『いくらオススメしても興味がない』(魅せ方の問題もあるかと思いますが)
『必要とされていない』
『何のために勉強して頑張ってるのかわからなくなる』

どうですか?

テンションと目的意識が見えなくなってきませんか?

原因は自分が招いた種

大手も真似をやっても上手くはいきません。
日本の美容室の8割以上が3人以下なので・・・

なぜ、目的意識の違うお客様を来店させてしまったのか?
自分のこだわりや、目的意識の違うお客様を入店して頂いても
『自分の気持ちに嘘をついてまでやりたいですか?』

あなたが求めているお客様のために
『100%~120%』注げるようにしてみてはどうでしょう?

もっと
『お客様のための美容室』に磨きがかかると思います。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 最高なパートナーと仕事ができていない美容室

  2. 目標と目的の優先順位が逆な今の美容室

  3. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

  4. 美容師基準

    お客様が秘密にしたくなる美容室作りとは

  5. 今時の美容師のメンタルの弱さ

  6. 本来の目的を見失う今の美容室

  7. 美容室の価値創造とは何か?

  8. 高単価美容室は全てが高級じゃないといけないのか?

  9. 美容師基準

    自分の常識を疑う事から始めよう

人気の記事 PICK UP

  1. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?
  2. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい
  3. 何でも屋から卒業せよ
  4. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  5. 便利屋になってしまった美容室

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP