安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切

お客様と一緒に育っていく

私が1番大事に想いながら、お客様とよく話す事です。

夢や目標、理想の未来を語る
お客さんをどんな未来へ連れて行きたいのか?
何を求めて(期待)して来て頂きたいのか?
どんな美容室にしていきたいのか?
どんな美容師になりたいか?
自分の人生における将来の夢は?

などをいつも、お客様と話しながら施術をしています。

なぜ自分を知ってもらわないといけないのか?

あなたが描く理想の未来がお客様(美容師さんにも言えますが)に価値あることならば、まわりは自然に応援したくなるものです。
もし、

お客さんが「支援者」へと変わったら、どうなるでしょう?
自分を支援して頂いてるお客様の為の、勉強する量はどうでしょう?
もっと自分を必要としてもらえる為に、何をしたら良いのでしょう?



もっと頑張れますよね
『応援・支援される=必要とされる』てるわけですから。

今までの自分の考えが恥ずかしくなる

このことからも分かるように、誰と競ってたのでしょうね?
何を気にしてたんでしょうね?
お客様の為だけで良いのにですね・・・
もう競合他社を気にする必要はありません。
未来の共有こそ、最高のブランディングです。
どうですか?
どこの美容室にも「ブランド」はもともとあるわけで、まずは、本来の価値を知ってもらうことが大切なのです。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    お客様と両思いのお店は流行ってる

  2. 美容師基準

    誰もやらないのであれば自分で切り開けば良い

  3. 美容師の自信を取り戻せ!

  4. タダでもお客様は来ない?

  5. こだわりがあるのに上手くいかない今の美容室

  6. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

  7. 美容師基準

    美容室の今のサービスは本当に必要なのか?

  8. なぜ美容室を開業したのか?

  9. 美容室・美容師が提供できる価値を考える

人気の記事 PICK UP

  1. 美容師基準 誰もやらないのであれば自分で切り開けば良い
  2. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?
  3. 美容師基準 何を想い経営をしていくのか?
  4. 必要とされなくなったら終わり
  5. こだわりは誰の為に・・・

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP