安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

自分ブランドを立ち上げる

セルフブランディング

まったく無名の個人が会社や組織の肩書きに頼らずに「自分のブランド」を構築し、ビジネスの成果に結びつけることです。
私のところも特にこのテーマについて話し合います。
企業であればブランド=信用であり、それがしっかりしていれば、顧客からの問合せなどが増えてきます。
これは、個人の場合もまったく同じできます。
つまり自分を商品として客観的に捉え、
この技術・商品のターゲットとなる市場はどこか?
市場が求めているものは何か?

を徹底的に考えることがとても重要になります。

「自分の強み」が何なのか、明確に把握する

突然ですが、初対面の相手に、名刺を渡したり会社名を言ったりせずに自己紹介をしてみてください。
果たしてスムーズにできるでしょうか。
こうした場面からも、私たちが普段いかに会社のブランドに頼って生きているかを思い知らされます。
「○○美容室で××をしています」
という肩書きを取り除いたあなた自身に残るもの。
それこそが「個人的な強み」なのですが、特に若いうちはなかなかこの強みが見つからず苦悩することも多いはずです。

自分の実績や強みを鍛えていく方法

「将来なりたい自分」を想像し、それが実現した際のプロフィールに書かれているべきこと(=将来みんなに思われていたいイメージ)をリストアップしておく。
「得意なこと」「好きなこと」を洗い出して、自分がどこに向かおうとしているのかを確認する。
何か一つでも「人に教えられること」を持つようにする

しっかりと、1つ1つ明確にしていく事で自分自身の自信にもつながります。
頑張ってやってみましょう。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9

  2. 高単価美容室は全てが高級じゃないといけないのか?

  3. 美容師の自信を取り戻せ!

  4. 2019年度・第1回・本質と本物への気づき

  5. あなたの美容室にお金を払う価値があるの?

  6. 美容師基準

    自分の思い描くサロンに挑戦する

  7. 美容師基準

    真面目な美容師はチャンスがいっぱい

  8. 可能性しかない今の美容室

  9. 美容師基準

    サロン価格は自分で決めるもの

人気の記事 PICK UP

  1. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  2. お客様は美容室の価値を知らないだけ
  3. お客様からはアピールしにくいのですよ
  4. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り
  5. 何でも屋から卒業せよ

特集記事

PAGE TOP