安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容師が提供できる唯一の価値とは?

美容室の立ち位置を確認する

立ち位置で大切なのは、とにかく本来のサービスの本質を明確にすることだと思います。
何をお客様に提供したいのか?
どんなお客様に来店して頂きたいのか?
何を思いビジネスをしているのかのコンセプト
などを
明確にすることで、自社(美容室)の立ち位置が見えてきます。

何を想い美容師基準をやってるのか?

私が凄く重要にしているビジョンがあります。
それは、
『唯一の価値を、圧倒的に』というのが私のビジョンです。
この『唯一の価値』を知る為にも、
立ち位置=ポジショニングを行うことは、凄く重要になってくるのです。

今の美容室で唯一の価値とは?

考えて、考えて、考え抜くことで、見つけることが出来るのが『唯一の価値』
美容師基準において、各美容室のこの『唯一の価値』を明確にして、表現することこそが、最重要と思います。

『唯一の価値』とは、本来のサービスの本質を明確にすることで見えてくるのです。

本質を徹底的に考える事とは一体何をどうしたらいいのでしょうか?
髪はどの様にして生えてくるのでしょうか?
髪は年齢に応じてどう変化するのでしょうか?
髪は体の体調などによってどう変わるのでしょうか?
髪のツヤは、肌質と比例してるのでしょうか?




沢山出てきませんか?
ぞれを改善できるサロンってどうですか?
各美容室の得意とするものをより明確にしないといけないのではないでしょうか?
50〜100個あげてみましょう
そうすると見えてきますよ

アバター画像

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    自分の仕事観が大事

  2. 再来率100%を目指さない今の美容師達

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  4. 美容師基準

    低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?

  5. 美容師基準

    自店でしか出来ない事とは何か?

  6. 美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

  7. 美容師基準

    お客様と両思いのお店は流行ってる

  8. 美容師基準

    良いものだから売れる時代ではない

  9. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

人気の記事 PICK UP

  1. 片思いで上手くいかない今の美容室
  2. 【いや&でも&だから】では何も変わらない
  3. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  4. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その7
  5. 美容師基準 自分の常識を疑う事から始めよう

特集記事

PAGE TOP