安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様の来店は感情に左右される

美容師基準

「お客様が来店したくなる」感情はどうすれば起こるのか?

例えば

「髪がきれいな方は来ないでください」
「髪を大切にしない方は来ないでください」
「今だけきれいにしたい方は来ないでください」

などのチラシをまくと、行きたいと思っている人はそのチラシを見ざるを得ないと言う、顧客心理を理解したうえで作られている

お客さまの方から「ぜひここに来たい」って言われたくないですか?
お客様から求められるサロンってなりたくないですか?
「この商品がほしかったんです」って言われたくないですか?

今の美容のままの集客・接客ではダメになってしまう

自分が思うに

①来店・セールスの目的は、お客様を説得することではなく、「お客様が来店したい・買いたいと思える」かの確率が高いかどうか
②サロンは、「お客様が来店したい・買いたいと思える」お客様だけに最大限時間を使い、「何となく近くだから来た」「髪には興味がない(ダメージをしてても気にしない)」「金額が安いから来た」などの、サロンが提供したいサービスを求められていないお客様は、ちゃんと断らないといけない

今までの常識を打ち破る

今までのサービスは、お客様を説得してYESという返事をもらわないといけない

ここに尽きるのではないでしょうか?
だから、納得させるために時間を費やしやってきたのではないだろうか?
決して、横柄になれと言ってるわけではない

お客様から、求められるサロンでありたい

ここに尽きるのだと思う

私の場合説得ではなく、定義することを心がける

なぜこのサロンがお客様にとって必要なのか?
なぜこの、メニューをやって頂いた方が良いのか?
なぜこの商品がお客様に必要なのか?
なぜこの商品を仕入れたのか?

まだまだ沢山ありますが、

常に自分に問いかけながら営業をすることはとても大事だと思います

詳しくは次回‼️

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 来店して頂くお客様を決めておく?

  2. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  3. 顧客目線を忘れてた?

  4. 人の欲求とは何かを知っておく その1

  5. 忘れてはいけない美容室は◯◯である

  6. 価格と便利性の関係を知る経営とは?

  7. 美容師基準

    自分の常識を疑う事から始めよう

  8. 美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

  9. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

人気の記事 PICK UP

  1. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?
  2. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA
  3. もっと想いをお客様に伝えませんか
  4. お客様にとっての期待値の差とは?
  5. こだわりは誰の為に・・・

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP