安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

『お客様の期待値の高さ』
前回の記事はこちら
↓  ↓  ↓
https://www.b-juku.com/syukyaku/1481

『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

お客様のモチベーションの維持は、いつどんな時に実感が湧いているのかをちゃんと知ることが大事だと思います。

お客様の満足の度合いは、数字ではわかりませんよね?

でもですね・・・・

ちゃんと満足させるポイントがあるんです。

それはですね・・・・

お客様が求められていることに対しての、『改善と実感の持続』なんです。
ですから
『仕組みだけではだめ』って言う理由がここにあるんです。
『技術がいる』と言うことなんです。

お客様の今の満足を追い求めている今の美容室では普通

お客様がこ来店頂いて、お帰りになるまでのお客様がなりたい髪型や、施術・サービスの満足の為に、一生懸命に今の美容室はしていると思います。
しかし、
来店後のお客様の満足度を上げるにはどうしたら良いのかを考えていない、美容室がほとんどのように思います。

女性はどんな時に満足を感じるのか?

皆さん考えたことありますか?

・街の中で女性がいつ・どんな時に髪を触っているのかを?

・また自宅に帰った時、独身の方・結婚されて子供さんのある程度の生活環境などを考えていますか?

・ご飯を作るときは?

・お風呂に入れる時間は、何分ぐらいですか?

・髪を乾かすのはどんなタイミングで乾かしますか?

皆さんは、こんな事を考えていないんです。

お客様と身近にLINEやSNSなどを通じて繋がりを持とうと頑張っていますが、私にとっては不要だと思います。

お客様が、何時間お店に滞在しているのでしょうか?

何で、お客様の顔を見ながら、たったそんな身近なお客様の事を知りたいと思わなかったのでしょうか?

明日から始められますね・・・『もっとお客様と身近になれますね』

また、美容師さんは今を一生懸命に綺麗にしたのですが、『どのポイント』をお客様に感じてもらいたいのかが明確にしていませんよね。
次回来店までの、実感をどう沸かせられるのかが、次回来店の期待値の高いモチベーションになるのだと思います。

このポイントは、とても重要になっていると、思いますよ。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    自分の美容室を求めるお客様だけになるには?

  2. 美容師基準

    今本当に必要な講習とは

  3. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

  4. 第8回目『お客様から絶対選ばれる美容室作り』

  5. 常識に囚われた私達

  6. 今の美容師は『何故そんなに焦っているの?』

  7. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その3

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その7

  9. お客様にとって今の美容室が魅力的なのか?

人気の記事 PICK UP

  1. 忘れてはいけない美容室は◯◯である
  2. 美容師基準 サロン価格は自分で決めるもの
  3. 来店して頂くお客様を決めておく?
  4. 高付加価値ストレート&ムコタ講習
  5. お客様の期待値と責任を負うのはダメなのか?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP