安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

平均単価よりも時間単価を考る

美容師基準

平均単価よりも時間単価を考えてみる

美容室の経営において、単価の悩みはつきないと思います
これは技術職である美容師さんならば、必ず考えるべき数字ではないでしょうか?
どうしてかというと、美容室における売上げの構成が

単価×客数×来店周期

だからですよね

『単価を上げる』というと、みなさんは平均単価のことを思い浮かべると思いますが、大切なのは時間単価だと考えます
1日の拘束時間は8時間と考えます

平均単価12,000円でも、お客様に3時間かかっていたら
時間単価は4000円になります
8時間✖️4,000円=1日32,000円
25日営業でしたら月商80万円になります
平均単価12,000円で、お客様に2時間かかっていたら
時間単価は6,000円になります
8時間✖️6,000円=1日48,000円
25日営業でしたら月商120万円になります

時間単価を考えないといけない時代

例えば
1時間5000円の時間単価としましょう

これはスタッフ平均で考えなくてはいけません。

アシスタントを1名使うなら、1時間10,000円を売り上げる必要があります。

スタッフ4名のサロンなら、1時間20,000円

1日で160,000円を目指せば良いということです
25日営業で16万円✖️25日=400万
1人生産性100万ですね

ちなみに福利厚生を考えてるのであれば70万以上はないと厳しいのではないでしょうか?

求人をかけるにもちゃんと福利厚生などが整っていないと、難しい時代が来てると思います

アバター画像

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. お客様が虜になる美容室経営?

  2. 私の経営方法は変わっている?

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  4. お客様にとって今の美容室が魅力的なのか?

  5. 美容師基準

    サロン価格は自分で決めるもの

  6. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

  7. 髪を綺麗にする女性は時間との戦い

  8. 高単価美容室に共通する点とは?その2

  9. 店販購入率100%になる理由を考える

人気の記事 PICK UP

  1. お客様の年齢層を絞るのは危険
  2. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?
  3. 来店して頂くお客様を決めておく?
  4. 美容師基準 自分の仕事観が大事
  5. 自分に正直になれる美容室をやればいい

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP