安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?

全てを絞り込む

絞り込みを思い切り狭くする事で、対象者の悩み、望み、ニーズがより明確に見えて行きます。
ニーズが鮮明でないと的を射たカウセリングや施術だできないだけでなく、求められていないサービスをしてもお客様も感動してくれません。

毎日遅くまで練習や、講習会を行っているのも全てはお客様のためだと思います。

しかし、本当にその講習が今ご来店頂いているお客様に必要なのか?
なんとなくで講習に行っているために、すぐに売り上げに結びつかないのはその為です。
なぜか?

次回もまたしてほしいメニューなのか?

どんな方でも髪の悩みはあるが・・・

どんなお客さんであっても、結局のところ人ですから共通する悩みもあったり、世代が違っても共通する悩みを持っていたりします。

その共通点を探すためには、まずはグッと狭い対象者に対してサービスを提供する事。
そうすることで、あなたの美容室のさらなる強みも見出せます。

ただ髪に対して悩みがあるのはわかりますが、
『その髪に対しての価値(優先順位)がお客様によって違う』
ここがとても重要になてきます。

だだその時だけツルツルにすれば良いのか?
こんなのは腐るほど美容室があります。

通えば通うほと状態の変化を感じられる美容室なのか?

次回お客様が来られるまでに自分も成長できているのか?

次回来店して頂くまで
『お客様がワクワクしてもらえる美容室って?』
どんな感じなんだろう〜って顧客目線で見てみてください。

たくさん候補を挙げてみると良いと思います。
そして短な人に聞いてみてはどうでしょう?

顧客目線を忘れ、こちらサイドの都合ではお客様は来ないですよね!

ちゃんと絞り込みをしてかないと、お客様から求められない美容室は寂しいですよね。

美容師基準では『埋もれている価値を発掘』したり『新しい価値を創造』したりしながら、勝つ為に必要様な土台作りを応援しています。

途中参加の方も多くいますので、お問合せください。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 必要とされなくなったら終わり

  2. 美容師基準

    2極化するサロン

  3. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

  4. お客様の年齢層を絞るのは危険

  5. 技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?

  6. 美容師基準

    低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?

  7. なぜ美容室の価格は下がり続けたのか?

  8. 高単価美容室なのにお客様が通い続けるのか?

  9. 客単価3万円を快く頂けるお店作りの秘訣・最終回

人気の記事 PICK UP

  1. お客様は美容室の価値を知らないだけ
  2. 美容師基準8回目講習『髪質改善カラー』
  3. 顧客目線を忘れてた?
  4. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  5. 売上げ・客単価はお客様の信頼度のバローメーター

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP