安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

②『お客様がなぜリピートしてくれないんだろう』

②『お客様がなぜリピートしてくれないんだろう』

原因は様々ですが

『ずっと通ってるけど実感がわかない』

『どこの美容室とも変わらないので印象に残らなかった』

『マンネリ化』

『なりたい髪型にしてくれなかった』

『価格と技術がともなっていない』

あげればきりがないですよね・・・・

お客様のニーズは多様化している

 

この事からもわかる様に、

『消費者は安いものが好き』

『消費者は良いものが好き』

同じ美容室のジャンルで、同じ様なことをやていますよね。

と言うことは

お客様は

『どこに行ってもそんなに変わらないのであれば、安い方が良い』

ってなりますよね。

お客様にとっての良いものとは?

・なりたい髪型をしてくれた
・あの美容室は接客が良かった(普通)
・私に合うものをちゃんと言ってくれた(普通)
などお客様にとって良いものの基準は様々なんです。

よく考えてみてください。

あなたの美容室で『これは!』と言うことがありますか?
自分の強みがわからないのに、お客様からの『良いもの』の基準に当てはまらない事がわかってくると思います。

私の場合は
『髪質の変化の実感があり続ける』
ここを、考えてマーケットとしてやっています。

なぜか?

理由は簡単です。
99%の美容室が同じところを見ているからなんです。

『実感』=『技術』

『経営』=『仕組み』

が大事だと言う事なんです。

それではまた・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

  2. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

  3. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  4. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その4

  5. 何でも屋から卒業せよ

  6. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2

  7. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

  8. 美容師の常識

    周りの美容師が売上を落として行く中で、私は3年連続で売り上げは伸び続けています!!

  9. 美容師基準

    何を想い経営をしていくのか?

人気の記事 PICK UP

  1. 『ただ独立したかった』??
  2. こだわりは誰の為なのか?
  3. お客様からはアピールしにくいのですよ
  4. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  5. 『お客様のモチベーションの維持の仕方はどうしているんですか?』

特集記事

PAGE TOP