安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

『ずっと通ってるけど実感がわかない』今の美容室

お客様が通い続けても実感がわかない

例えば、スーパーや飲食店のみなさんが、よく行くお店はなぜ通ってますか?
・近くて便利だから
・価格が安いから
・接客が良いから
・品揃えが良いから
・いつも安定した味&品揃え

など沢山通う理由があるかと思います。

では、美容室になると・・・

『あなたのお店に通い続ける理由は何でしょう?』
『あなたにしてもらう理由は何でしょう?』

・近くて便利だから
・価格が安いから
・接客が良いから
・品揃えが良いから
・いつも安定した技術

その理由が明確でないと、お客様には伝えられませんよね。
まずはそこからなんです。

通い続ける理由は言い換えると、
『あなたの強み』だとも言えます。

ですからしっかりと、考えて見ましょう。

どこにでも出来る事は、ある意味普通

前回も書きましたが

上記を見て頂いてもわかる様に、お客様はどこの美容室でもやってる施術では同じに見えてしまい選ぶのも大変になってきています。

例えば同じ様な商品を買おうと思ったら、
・機能が同じ
・使いごごちも同じ
・同じメーカー
であれば安いところを探しませんか?

今の美容室が同じなんです。

実感を考えていない

『実感』とは、髪の痛みが減っていってるのが感じられる&変化がわかる

だと思います。
また、商材・メーカのブランドはお客様にとっては何の意味もありません。

ポイントは
『そのお客様にとって本当に必要なことの提供』

ここに尽きると思います。

1人のお客様のための美容室づくりは、今からの時代必要となって来ます。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    美容室の最高な技術を買って頂く為には?

  2. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

  3. 美容師基準

    お客様から求められる美容室作りに必要な◯◯とは?

  4. 何でも屋から卒業せよ

  5. 『お客様に来て欲しい』が魅力がなければ来ない

  6. 美容師基準

    今の美容室にないバリュープロポジション

  7. 人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

  8. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  9. 美容師基準

    今の美容室は集客ばかりを考えすぎている

人気の記事 PICK UP

  1. お客様からはアピールしにくいのですよ
  2. 美容師基準 何を想い経営をしていくのか?
  3. 今時の美容師のメンタルの弱さ
  4. 曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない、今の美容
  5. 最高なパートナーと仕事ができていない美容室

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP