安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

便利屋になってしまった美容室

髪のプロを求めるお客様が多くいる

色々な美容室にコンサルしていて思うのが
『お客様が神様』になりすぎているように感じます。
確かにお金を払って頂けているのですから、大切なお客様です。

本当にそれで良いのでしょうか?

・髪を大切に考えているお客様もいます
・そんなに髪のことを考えてなくデザインを求める方もいます。
・料金が安ければ良いと言うお客様もいます。

全て、ビジネスですから色々な経営があっても良いと思います。

自分(美容師)がやりたかった仕事なのか?

何となく満遍なくお客様を来店させてしまうと、お客様の思いも様々な方もいます。

私はよく美容師の方に言います。
例えば
お客様『髪が傷んでます。でもカラー・パーマをしたいんです』
美容師『髪が傷んでるから、本当はしない方が良いんですけど、でもやりたいですよね』
お客様『髪が傷んでるけど、今日やりたいんです。』
美容師『わかりました。今日やりましょう。しっかりとトリートメントをしながらやっていきましょう。』

この会話は1度は、した事はあると思います。

ここで、考えないといけないのは

①美容師側が本当にその施術をやりたかった?

髪を痛めるのは本当は嫌なのに・・・

②お客様自身が、髪の痛みに対しての意識が高くなかった。

お互いの思いが一致していないのがわかりますね。

自分に嘘をついてまで仕事はやりたくないと決めた

みなさんも知っていると思います。
髪は1度傷んでしまうと2度と元には戻らないと言うことを・・・

でも、
『お客様が傷んでいるけどやりたいって言ったから・・・』

でも
『本当にやりたかったんですか?その施術?』

『本当はしたくは、なかったです』

その思いをちゃんと伝えないといけないのです。

『何の為に美容をやっているのか=目的』
に自信を持って良いんです。

その思いに共感してくれるお客様は

100%いますから・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 私の経営方法は変わっている?

  2. 美容師が提供できる唯一の価値とは?

  3. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい

  4. 美容室・美容師が提供できる価値を考える

  5. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その4

  6. 髪を綺麗にする女性は時間との戦い

  7. こだわりがあるのに上手くいかない今の美容室

  8. 美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

  9. 美容師基準

    新しい商材が出ないと本当に売上げが上がらないのだろうか?

人気の記事 PICK UP

  1. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切
  2. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している
  3. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  4. 美容師基準 サロン価格は自分で決めるもの
  5. お客様が虜になる美容室経営?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP