安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その8

技術がちゃんとしてる

当たり前のことですが技術がちゃんとできていないといけませんよね。

カット・パーマ・カラー・縮毛・トリートメント皆さんもできますよね。

しかし技術が優れているにも関わらず、なぜお客様に支持されないのでしょうか?
コンテストで入賞・イベントに参加してる美容室など沢山ありますが、大繁盛してるのでしょうか?

考えた事はあると思います。

休みの日に講習に行ってますよね。

頑張っていますよね。

お客様は皆さんの事を元々プロだと思っている

見る視点を変えてみてはどうでしょうか?

自分が美容師ではなく、お客様として美容室に行きました。
カットが出来ないと思いますか?
パーマができないと思いますか?
縮毛ができないと思いますか?

出来ないとわかってたらそもそも来店はしませんよね。

ここなんです。

お客様は出来ると思ってるからこそ来店されているのです。

技術・薬剤を拘っているはずなのに

美容師さんは、とても1つ1つのこだわりがあり、職人の方が多くいらっしゃいます。

言い方は悪いですが、

見せつけてるだけ
自己満足でやっている
拘っているのは美容師側だけ

全ての施術や薬剤を拘ってるのは良いと思います。

全ての拘りはお客様の為?&自分の自己満足?

いつも言ってるかもしれませんが、良いモノは世の中には沢山あります。
でも売れるものと売れないものも多くありますよね。

お客様は、
自分の髪型が良くなるのであれば
自分の髪質が良くなるのであれば
自分のお手入れが楽になるのであれば
自分が若く綺麗になれるのであれば・・・・・

この様に、『自分の為に必要であれば・・・』
ここが大事なんですよね。

ではどの様に、必要に感じてもらえるのかを考えないといけませんよね。
1人1人のお客様にやることに対しての、事を小学生が聞いてもわかるくらいの説明ではないといけませんよね。

『こんな事を私は知っていますよ』
『私はこんな事も出来ますよ』

理解されてるかの確認をしていない

『〜PPT』
『〜CMC』

とかの言葉をよく使って説明してるはずですよね。

しかし

一般のお客様の会話の中で
『〜PPT』
『〜CMC』
とかは出るはずがありませんよね。
美容師だから、専門用語のその会話が成り立つのだと知るべきです
そこをしっかりと考えないと、
本当は『最高に良い技術』・『最高に良い商材』を使って
『お客様を綺麗にしたい』・『お客様の期待に応えたい』のであれば
伝える  →   伝わる
見せてる →   体感できる
に変えないといけませんね。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  2. お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない

  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その3

  4. ほとんどの美容室が気づいていない事

  5. 期待値と責任を負うのはダメなのか?

  6. 髪を綺麗にする女性は時間との戦い

  7. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  8. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その7

  9. 美容師基準

    今本当に必要な講習とは

人気の記事 PICK UP

  1. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り
  2. 技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?
  3. 高単価美容室に仕事の速さは必要なのか?
  4. 出来る人は仕事が綺麗
  5. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP