安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

今の美容室は価値創造を知らないといけない

『美容室の価値創造とは何か?価値はどのように創造するのか?』

今回は、美容室の価値創造についてお話したいと思います。

そもそも『価値』ってみんな言ってるけど何なのか?

私は、商品やサービスについて、絶対的な価値は存在しないと考えています
たとえば、肥満防止のサプリメントがあったとします
肥満に悩む人にとってみれば、価値のある商品になると思います
しかし、肥満に悩んでいない人からすれば、その商品には何の価値も感じません
つまり、商品に価値があるかどうかは、個々の主観であって、誰もが均一した価値を感じるものではないと知っていないといけないのです。
『価値とは、お客様の欲求に応じて変化するもの』としっかりと、覚えていないといけません。

後、『創造』って何?

これは“今まで存在しなかったものを創る”という意味です

「価値創造」でいうと、“今までなかった価値を創る”という意味だと思ってください

価値創造する方法は、大きく分けて2通りある

1つ目は、商品価値の増幅と変換です

『商品価値の増幅とは、商品の効果やメリットを増やすもの』
たとえば、トリートメントの効果が、“3ヵ月でダメージが減る”だったとします。
その商品を改良し、さらに短期間で同様の効果があるトリートメントを開発すれば、髪で悩む人から見れば価値は増幅します。
これが、商品価値の増幅です。

『価値の変換とは使用目的を変えるというもの』
たとえばトリートメントをインバス用をアウトバスで使って頂くみたいな、使用目的や用途だけを変え、今までとは違う価値を創り出してしまう。
分かりやすく言えば、「実はこの商品、そもそもこういう使用目的で作られたんだけれど、こんな使い方もあるんです」というものです。
これが、商品価値の変換です。

 

2つ目は、商品価値の伝達

『商品価値の伝達とは、商品の価値をより伝えるというもの』
商品価値はお客様に伝わってはじめて、価値が見出されます。
もし、商品が提供できる価値の30%しか伝わっていなければ、30%の価値しかお客様は見い出せません。
30%しか伝わっていなかった価値を50%、60%と高めていくことが価値の伝達であり価値創造なのです。
お客様に伝わっていない役立つ機能、メリット、効果などがあれば、伝えるべきです。
(注意)ちゃんとお客様が『求めてる』『必要性』なのかどうかがポイントです。
価値創造とは、大きく分けて2通りあります。
商品価値の増幅と変換(価値を創ること、価値そのものを変える)と、 商品価値の伝達(伝わっていない価値を伝えること)です。
技術でも商品でも自分という価値をどう魅せたいか?
あなたはどの価値創造をして、お客様に価値を届けますか?
一度、考えてみてはどうでしょうか?

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』

  2. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切

  3. 美容師基準

    美容室の今のサービスは本当に必要なのか?

  4. 顧客が望んでいる価値とは?

  5. 美容師基準

    美容室は『モノ』よりも『コト』を提供せよ

  6. 高単価美容室の共通点とは?

  7. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その5

  8. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2

  9. 人の欲求とは何かを知っておく その1

人気の記事 PICK UP

  1. 完璧な人なんていない
  2. お客様を魅了できるのは貴方しかいない
  3. タダでもお客様は来ない?
  4. 美容師基準 売れてる美容師に学ぶ価値づくり最終回
  5. 気持ちが一方通行の今の美容

特集記事

PAGE TOP