安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

価格競争を脱却する方法とは?

ここで、あなたに質問です
「消費者はどのようなモノを買いたいと思っていますか?」
考えてください









答えは出ましたか?

消費者は、安いものを買いたいわけではありません
消費者は、価値のあるものを買いたいのです

つまり
お客様にはモノの価値を理解してもらわない限り、価格(料金)を提示しても意味がないと言う事ですね

『自分がお客様の立場だったら』という思考を持つ

『この商品・技術やサービスにはこんな価値があります』
と、色々な角度から説明して、そのサービスや商品の価値をしっかりと認識してもらう
その上で、価格(料金)を示すのが順番です
しかし、ほとんどの方が、
『○○サービス:△△円』
というように、価値について何も説明しないで、価格(料金)を示します
それでは、お客さんの判断基準がありませんので、価格(料金)の高い安いだけが判断基準になり、価格競争になるのです

価格競争から脱却するためには、美容室の価値、商品、技術、薬剤、サービスの価値を再度見つめ直す事なのです
ほとんどの美容室には、価値があるにもかかわらず、見えていないだけでそれを伝わる様に出来ていないからです

価値がなくても、創ればよいだけ

美容師基準では、埋もれている価値を発掘したり、新しい価値を創造したりしながら、勝つために必要な土台作りを支援しています。
ほとんどの経営者、スタッフと、2時間ぐらい色々と話をしていると、埋もれていた価値が発掘できます。
埋もれていた価値が明確になると、今まで頑張っても頑張っても売上が上がらなかったものが、面白いように上がります

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 今の美容室は価値創造を知らないといけない

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その3

  3. ②『お客様がなぜリピートしてくれないんだろう』

  4. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その8

  5. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  6. 美容師基準

    なぜお客様がリピートしてくれないのか?

  7. 美容室で競争に巻き込まれない方法とは?

  8. 来店して頂くお客様を決めておく?

  9. 再来率100%を目指さない今の美容師達

人気の記事 PICK UP

  1. 美容師の自信を取り戻せ!
  2. 美容師基準 サロン価格は自分で決めるもの
  3. こだわりは誰の為に・・・
  4. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り
  5. 美容室の価値創造とは何か?

特集記事

PAGE TOP