安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』

今のあなたと未来のあなた

自分のマイストーリーをお客様と話せていますか?
ちゃんと自分の思いをお客様に届けることで、あなたからしてもらえる施術により価値が出てきます。

そして大切なのは、「だから今の美容室と私がある」と結果をお話しすることです。
『こんな想いで開業して、こんなことがあって、それで来月閉店します。』ではダメですよね。

例えば、
前に勤めていた美容室では、本当に髪の悩みがある方に時間がかけられなかったので、本当に髪に悩んでいる人を助けるためによりケアにこだわったお店をオープンしました。
スタッフと衝突もしました、資金が途切れそうになったこともありました。
でも今では髪の悩みを抱える方を10万人以上お手伝いすることができました、たくさんのファンの方がいて下さって幸せです。
それから5年後、よりマンツーマンでたった1人の為の完全予約制のプライベートサロンSoinを開業しました。
人に聞かれたくない・見られたくない、『髪の悩みおって失われた笑顔を最高な笑顔に変えたい』そんな思いがより強くなり、改めてこのSoinをやって良かったです。

というような感じでしょうか。
あなたの物語にはもっと深みや情熱があるのではないでしょうか。
お客様はそこに「感動」と「共感」を覚えるのです。

物語は作るものではありません。
存在するものです。
嘘を言ったり、作り物には「感動」も「共感」も生まれません。
物語がまだないなら、物語を語れるように日々を送っていきましょう。
これは、お客様に自分の自慢をしたり、愚痴を言って下さいと言っている訳ではありません。
あなたの美容室の素晴らしさをどのようにしたらお客様に上手に伝えられえるかを考えたかったのです。
あなたの物語の熱量の分だけ「感動」「共感」し、あなたを支持してファンになってくれる多くのお客様が増えるのです。

あなたが提供してくれる『モノ・コト』に価値が出る

お客様は、最初はお店に興味があったかも知れません。
お客様は、最初はメニューに興味があったかも知れません。

でも提供するのは、『あなた』なのです。
今まで、メニューや技術&店販などをメンイに売っていましたが、あなたの思いが乗ったメニューや技術&店販はあなたの思いに共感したお客様からしたら、他の美容室にはない『あなたが提供する価値が乗ったコト・モノ』はお客様にとってはかけがえのないものになるのではないでしょうか?

なんとなく、見えてきましたよね・・・
自分の価値に・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容室の強みを明確にする2ステップ

  2. 第3回目次回予約100%頂ける美容室・講習

  3. 美容師基準

    客単価3万円でも通いたくなる美容室づくりとは?

  4. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  5. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その4

  6. 今時の美容師のメンタルの弱さ

  7. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?

  8. 美容師基準

    自分の美容室を求めるお客様だけになるには?

  9. 目的がない経営は意味がない

人気の記事 PICK UP

  1. 第8回目『お客様から絶対選ばれる美容室作り』
  2. 本来の目的を見失う今の美容室
  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2
  4. もっと想いをお客様に伝えませんか
  5. 曖昧な思考からは曖昧な結果しか生まれない、今の美容

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP