安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?

高単価美容室になるために、今の美容室のやり方を変える必要がない

『高単価な美容室になるためには、今のやり方を捨てて、真逆の方法にチェンジしなければならないのではないか?』
という質問をよくされるのですが、これは全く違います。

そもそも、私が行っている美容室経営はあくまでも、

・今の美容室に足りないものを補い
・よりサービスクオリティをあげて
・高単価でもお客様に喜んでもらえるように改善する
・自分自身の価値に気づく

のが目的です。

なので、ガラッと新しい手法を取り入れてゼロから学ぶわけではなくて、今の美容室のやり方の延長線上にあるのです。

今までのお客様を見捨てないといけないの?

いつもこの様な質問をされることがありますが、これも違います。

何故ならあくまで、あなたの美容室に、
新しいトリートメントメニューが導入されるのと同じだからです。
またそのトリートメントを使い、高付加価値メニュー展開をする事でお客様の実感が持続するメニューへと変身させます。

つまり、あなたの美容室が、ハホニコなどのトリートメントシステムを
導入することと同じなんですね。

その新しいトリートメントシステムが、よりお客様に喜んでもらうための、
カウンセリング、技術説明、アドバイス、次回予約などのトークがマニュアル化されているに過ぎません。

高単価なメニューを導入したら今までのお客様は良く思わないのでは?

今ご来店頂いているお客様には普通に、
「メニューが一つ増えたんだなあ」としか思いません。
そのメニューが増えたことで、あなたの美容室のイメージが落ちることはないのです。

そのメニューがより魅力的に『やってみたい』と思わせられる『魅力』の見せ方を仕組み化しただけなのです。

むしろ、私が考える高単価サロンとは、
『高単価なメニューを行っている美容室ではなく』
『高品質なメニューを行っている美容室です』

その高品質なメニューは、『手間と時間が普通のやり方より少しかかるので、高単価でないと成り立たない。』というだけです。

¥10,000~¥15,000くらいまでは、仕組みでうまくいくと思います。
¥20,000~になると技術(実感があり続ける為)も必要になってきます。

何回も言いますが

・今の美容室に足りないものを補い
・よりサービスクオリティをあげて
・高単価でもお客様に喜んでもらえるように改善する
・自分自身の価値に気づく

のが目的です。

なので、ガラッと新しい手法を取り入れてゼロから学ぶわけではなくて、今の美容室のやり方の延長線上にあるのです。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 『時間=クオリティー』の追求

  2. 今の美容師が目指すべきブランドとは?

  3. 顧客目線を忘れてた?

  4. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

  5. 美容室はなんでも屋ではダメ

  6. 髪を綺麗にする女性は時間との戦い

  7. 期待値と責任を負うのはダメなのか?

  8. 技術ばかりを売りにしているから上手くいかない?

  9. 何でも屋から卒業せよ

人気の記事 PICK UP

  1. お客様を魅了できるのは貴方しかいない
  2. 高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?
  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その3
  4. もっと想いをお客様に伝えませんか
  5. 可能性しかない今の美容室

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP