安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様は美容室の価値を知らないだけ

お客様は美容室の価値を知らない

まず理解してもらうべき事があります。
それは、あなたのお客様は、あなたのお店の価値を十分に知らないという事です。

あなたのお客様は、いつも決まったメニューばかりで来店していて、その他のモノに興味を示してくれないお客さんの方が多いのなら、これは考えるべき事です。
『1つ1つのやる施術がなぜ1人のお客様の為に必要なのか?』
『なぜいつもと違う施術内容(工程)になるのか?』
を伝えてるだけで、価値は生まれない(わからない)ままやり続けてる事によってお客様にとっては『いつもと同じ』と感じてしまい飽きてしまい、失客してしまいます。

マンネリではやっていないはずなのに

いつもお客様の髪の状態が変わる事で、色々な薬剤を選りすぐり施術をしていると思います。
『髪が痛んでるから少ししっかりと、ケアをしてあげよう』と思いしてあげてると思います。
私も昔はしていました・・・・が
お客様はそんなに感動してくれていない事に気づいたんです。
ですから、髪の状態によって

使うものも変わり
使う分量も変わり
使う濃度も変わり

 

全ては1人1人のお客様の為に、最高な技術や経験を活かして施術をしていると思います。

ですから、毎回金額も多少変わります。
理想ですよね。
ちゃんと施術をお客様のためにしてるのですから、『伝えるだけ→必要だから伝わるように』変える事に美容師さんが気づかないといけないのです。

なぜ必要なのかを定義する

「このお客様にはこれが必要だから勧めよう」とあなたが思うなら、経営者であるあなたならすぐに出来るでしょう。
今までの経験値で、そのお客さんの事もわかりますし、お客さんも反応してくれるかもしれません。
でも、ここで考えなければならないのは、あなた以外のスタッフの存在です。
あなたの様に、アプローチによる売上をあなたと同じ位作る事が出来ているでしょうか。
難しいですよね・・・
『なぜ必要なのか』を全てのものに定義してみてください。
見る目線・思考が変わると全てが変わると思いますよ。
『こんな感じで定義してみました。』て方がいらっしゃいましたら、お問い合わせの方でもコメントを頂けたらと思います。

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    高単価美容室を作る為のマインドの作り方

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その8

  3. 美容師基準

    真面目な美容師はチャンスがいっぱい

  4. 美容師基準

    自分の思い描くサロンに挑戦する

  5. 美容師基準

    誰もやらないのであれば自分で切り開けば良い

  6. 必要とされなくなったら終わり

  7. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  8. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

  9. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』

人気の記事 PICK UP

  1. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2
  2. 絞り込みはが曖昧だと結果も曖昧?
  3. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  4. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9
  5. どんなスタンスで美容室経営をやっていくのか?

特集記事

PAGE TOP