安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様から選ばれない美容師達

美容師基準

お客様から選ばれない美容師達

みなさんの一人美容室・スタッフがいる美容室で、
『なぜお客様があなた(美容室)を選んだ』のでしょうか?
みなさんお客様に、聞いていますか?

まず、聞いていないのではないでしょうか?
お客様の視点と、美容室側の視点がズレることで全てにおいてうまくいかなくなります。

お客様に選ばれる美容室・人なのか?

・『指名してもらいたい』
・『お客様に来て欲しい』
・『売上をあげたい』
・『来店サイクルを早めたい』
・『客単価を上げたい』
・『また来て欲しい』
・『ずっと来て欲しい』

と思っていると思います。
それは間違いではありません。

しかし、

『指名してもらいたい』
『お客様に来て欲しい』
『売上をあげたい』
『来店サイクルを早めたい』
『客単価を上げたい』
『また来て欲しい』
『ずっと来て欲しい』

になる前に、少し考えて見てはどうでしょう?

『お客様の求める条件を満たしているのか?』
『お客様にとって美容室が魅力的なのか?』
『高いお金を払ってでも行きたい美容室ですか?』
『早く美容室に行きたくなる様な実感がありますか?』
『ずっとここの美容室に通う理由がありますか?』
『次回予約をしたいと思う欲求になってますか?』

では、今の『美容室・人』は、何が足りないのかが見えてくるのでではないでしょうか?

それではまた次回・・・・

Avatar photo

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    美容室の最高な技術を買って頂く為には?

  2. 美容室はなんでも屋ではダメ

  3. なぜ美容室の価格は下がり続けたのか?

  4. 高単価美容室に共通する点とは?その2

  5. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

  6. 人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

  7. お客様の期待値の高さ

  8. 美容室はどんなお客様に来て頂きたいのだろうか?

  9. あなたの美容室にお金を払う価値があるの?

人気の記事 PICK UP

  1. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  2. 選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法
  3. 本物の美容室の本来の価値を知ってもらう事が大切
  4. お客様にとって必要な美容室?
  5. 何でも屋から卒業せよ

特集記事

PAGE TOP