安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』

『初級・ヘアカラー』

今更、『カラー講習』って思いませんか?

特別なカラー剤を使うわけでもなく、

新色が出たわけでもなく

『基本に忠実なヘアカラー』

なんです。

講師は下関の直田先生にお願いしました。
直田先生の美容室は客単価17.000円以上なんです。
直田先生のお店はこちら

↓   ↓   ↓

http://ohana-web.com

 

直田先生は、カラーの薬剤を知り尽くし

『お客様の髪を10~20年後も綺麗でいてほしい』

そんな思い出、お店をされて居ます。

なぜ色落ちがしやすいのか?

なぜカラーをするとごわつくのか?

なぜホームケアが必要なのか?

など沢山の明日から使える、施術やトークを惜しみなく伝えてくれる

『熱い先生です』

硬毛

撥水毛

捻れ

アイロン毎日

枝毛

かなりハードルがありますが・・・

でも基本はしっかりと水洗をしてからの、

『今何か髪に足りないのか?』をしっかりと見極め

ヘアカラーのダメージを最小限にするための準備をしていきます。

カラーの乳化時の、髪に今必要な栄養分を閉じ込めていきます。

ほぼドライのみですが、ツヤ感・柔らかさがとても出て居ますね!!

これでも基本です。

薬剤的には5種類程度ですね。

また次回の、髪質改善カラーはもっと劇的に変えてくれるでしょう!

『上級者・再来率99%を目指す』

 

そもそもなぜお客様が再来してくれないのでしょうか?

技術?

接客?

イメージが違ってた?

色々な原因があると思います。

 

が・・・・

 

『そもそもお店が求めているお客様だったのか?』

『うちの美容室が、お客様に対して叶えたいことと、お客様の叶えたいことがあっていたのでしょうか?』

来店目的(集客)からの見直しからスタートです。

どんなお客様に

『メッセージを伝わるようにしてますか?』

そのお客様へのメッセージはとても重要です。

1度お客様にアンケートをしてみたらどうでしょう?

私のお店の

『コンセプトや何をお客様に提供したいのか?』

この意識のズレのまま、やっている事に気づかなければ、一生集客に頼らなくてはいけなくなりますよね。

『お客様と美容室の意識のズレ』

今回のテーマでした。

ではまた来月・・・

 

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準8回目講習『髪質改善カラー』

  2. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  3. 美容師基準

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その1

  4. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その5

  5. お客様に対して美容師はどんな価値を提供できるか?

  6. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習

  7. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  8. お客様と思いを共有できてますか?

  9. 可能性しかない今の美容室

人気の記事 PICK UP

  1. 今の美容室はレッドオーシャン
  2. 高付加価値ストレート&ムコタ講習
  3. こだわりは誰の為に・・・
  4. ほとんどの美容室が気づいていない事
  5. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP