安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容師基準がなぜ必要なのか?

美容師基準

『なぜこの美容師基準を作ったのか』

自分も20年以上この美容をやっているが、良くなってるのだろうか?
(いい意味で変わってるのだろうか?)

自分の環境はどうしても変えられない場合もあるかもしれないけれど

自分も20年以上この美容をやっているが、変化を起こすのも起こさないのも、結局は自分ではないだろうか?

人口の減少が激しいがサロン件数は増え続けている

今までのサロン経営
今までの集客の仕方
今までの単価など
今までのコスト削減だけで

本当にこの業界はこのままで良いか?

もう一度原点に返り新しい自分達、1人1人が作り出す、お客様から求められるオンリーワンのサロン

私達の10~20年後が、ワクワク出来るようなサロンを作りたい
私達がワクワクしてないのに、そんなサロンに求人をかけても来るのだろうか?
私達がワクワクしてないのに、お客様がワクワクしてサロンに来てくれるのだろうか?
皆んなでもっと私達が美容を楽しく出来る、人を1人でも多く作りたい
自分の子供に自信を持って勧められる仕事でありたい

それが私がこの美容師基準を作った原点です

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

人気の記事 PICK UP

  1. 今の美容は成熟市場だからこそ何をするべきか?
  2. 高単価美容室に共通する点とは?その2
  3. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習
  4. 今の美容室はレッドオーシャン
  5. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP