安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

いよいよ始まりました、MUCOTA講習第2回目が・・・

なぜトリートメントを追求するのか?

皆さんも、なぜトリートメントが必要だと思いますか?

お客様にちゃんと説明をして、

『やりたいって言っていただけますか?』

お客様の方が、

『施術をすると髪が痛むので少しはトリートメントをした方が、少しは良いのかと・・・』思ってませんか?

なぜトリートメントをしないといけないのでしょうか?

『施術前に少しでも、髪の痛みを軽減できる。』

『今日出てしまった髪の痛みを少しでも良くなるように』
でも
『お客様が、トリートメントをやって実感が湧いているのでしょうか?』

必要性の定義がないままトリートメントをやっている

『トリートメントがそもそもなぜ必要なのか?』
このことがわからないままやっていて、美容師自体も実感が湧いていますか?

・技術は絶対

・魅せ方も絶対

・仕組みも絶対

・頭の思考の改善も絶対

この4つは必ずいると思います。

硬毛

撥水毛

バージン毛(健康毛)

健康なのにトリートメントがいるのでしょうか?

ここがポイントです。

しっかりと薬剤の知識と、トリートメントの必要性の定義を勉強してもらいます。

『究極のシャンプー』を実感体感してもらいます。

しっかりとシャンプー前の予洗いのポイントと魅せ方を学んでもらいます。

1つ1つの商材の、感触の変化を確認しながらしていきます。

つけたら終わりではなく、髪質の変化がわからないと、1人1人の髪質が違いますから『指先の感覚』はとても大事になってきますね。

一緒に乾かしてもらった瞬間、美容師さんの方がびっくり!

『トリートメントでこんなにも髪質がかわるんですね』って嬉しいお言葉を頂きましたね。

ほぼノン部ローでこの収まりですが今日はまだ1/10くらいですね。

金額では¥15,000くらいだと思います。

知っているだけでは何も変わらない

知っているだけではダメですよね。
出来るまで、極めるまでやらないといけませんね。
美容師さんは、知識があっても技術はうまくないっていう人が多くいます。
でも、出来ないままの方がよっぽど良くないんですけどね。

早く気づかないとですね。

Avatar photo

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 高単価美容室に共通する点とは?その2

  2. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9

  3. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

  4. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

  5. 何でも屋から卒業せよ

  6. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その2

  7. 美容室はなんでも屋ではダメ

  8. 美容師基準

    今本当に必要な講習とは

  9. お客様が虜になる美容室経営?

人気の記事 PICK UP

  1. お客様にとっての期待値の差とは?
  2. 『お客様は技術を買いに来ていない』byムコタ講習
  3. お客様と思いを共有できてますか?
  4. 2019年度・第1回・本質と本物への気づき
  5. 期待値が高い美容室の秘密とは?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP